ビットコインからHardfork(分裂)して誕生したビットコインゴールド(BTG)とは一体どのようなものなのでしょう?
分かりやすく解説します。

 

ビットコインゴールドとは?

 

ビットコインの需要が高まるにつれ、当然送金スピードや処理速度が遅くなったりするのは当然のこと。車の渋滞みたいなものですから、送金などが重なれば重なるほど遅くなるのは仕方ないです。また、それだけビットコインが世の中に受け入れられているということでもあります。
ビットコインとキャッシュの分裂は、取引承認が遅れてスピードがべらぼうに遅くなるという問題を解決するためですが、ゴールドに分裂した理由は「マイニング(採掘)が一部の業者に偏っている」ということが理由のようです。
マイニングでは「ASIC」というビットコイン専用マイニング専用機械を導入できるか否かということで、資金力の強い組織が勝ってしまっていました。そこで分裂後のビットコインゴールドは、ASICの利用が禁止されており、「GPU」という一般の人も利用できるシステムを導入しています。これにより収益の一極集中化を防ぐことができるようになったのです。

 

ビットコインゴールドの特長

 

➀頭文字のビットコインは変わりませんが、ゴールドがつくことで「BTG」(bitcoin gold)という略号で呼ばれています。

➁発行上限枚数は2,100万BTG(ビットコインと同じですね)。

➂ブロックサイズの上限は1MB(こちらもビットコインと同じです)。

➃「UAHF」技術の導入により、運営側がブロックサイズを自由に変更できるようになっています。

➄「リプレイアタック」に対応済み。
※簡単に説明しますと、コインが二重で送金されてしまうこと。送った記憶もないのに、赤の他人にコインを送金してしまい、下手をすればコインを消失してしまうこともあります。

 

 

ビットコインゴールドはどこで買える?

 

海外では取引されているところも増えてきていますが、日本国内では安全性が確認でき次第、取り引きなどを行うようです。ザイフやGMOコインなども現在では取り扱っていないようです(一応ビットフライヤーの名称はビットコインゴールドのHPに掲載されています)。

※ビットコインゴールドの滑り出しは悪く、ビットコインを持っている人にコインが配布されるのにソフトウェアが未完成のため配布が遅れてしまった・・・ということがありました。また、開発者が取り引きを行う前から多額のコインを保有していたこともあり、ちょっと不信感をつのらせていたこともあります(現在は問題なく稼働しています)。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で