韓国版イーサリアムとも呼ばれているアイコン(ICON/ICX)はどこで買えるのか?取引所や評価、評判、将来性などについて、分かりやすくお話しします。

 

アイコン(ICON/ICX)とは?

 

2017年9月に発行されたばっかり、できたてホヤホヤの仮想通貨アイコン(ICON/ICX)は、韓国発のアルトコインです。公開されてまだ半年くらいしか経っていませんが、既に仮想通貨ランキングで20位以内に入っているというほど、将来性が期待されている仮想通貨です。アイコンは独立したブロックチェーンが仲介者を入れず取り引きを可能にする、分散型ネットワークを発展させています。

実際、クレジットカード払いなどをすると、目に見えないところで仲介業者が入っているため、視認できないところで費用がかかってきているんです。それを、間に業者を介さないようにすることで、無駄な手数料を省き、決済手数料を大幅に下げるようにしています。また、アイコンは韓国国内で銀行や証券、学校、保険、病院などの医療他、様々なコミュニティーや機関と社会との繋がりを持ち、仮想通貨と社会との連携を目指しています。

★通貨単位:ICX ★発行上限枚数:なし ★時価総額:3,000億円以上

 

アイコン(ICON/ICX)はどこで買える?

アイコン(ICON/ICX)の特長

 

➀採掘は不可能

アイコンの採掘はできず、新規発行は毎年C-repの協議によって決まります
※C-rep(Community Representative)とはアイコンコミュニティーの代表者のノードで決定したり変更を行なうことも可能です。

 

➁独自のスマートコントラクト

SCOREという独自のスマートコントラクトを使い、信頼できるノードしか参加できないようにしています。こうすることで、様々なアプリケーションに簡単にできるようになっています。

 

 

アイコン(ICON/ICX)の評価・評判、将来性は?

 

前述したように多くの銀行、大学、病院、その他企業と提携しているということもあるので、かなり将来性は高いものと思われます。アイコンは様々なコミュニティーとの繋がりを大切にしており、別の場所で得たものをまた別の場所で利用できるシステム「ICON Network」が非常に画期的と話題になっています。このシステムが拡大すればするほどコミュニティーが大きくなるため、生活は便利になり、支払いや送金も楽になるので、利用者の数は凄いものになるでしょう。
また、ICOプラットフォームとして利用されており、ICO案件と併せて話題になったりする可能性が高いので、アイコン自体の価値が上がる可能性は充分にあると考えられます。

仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に空きたらまず登録したい取引所で。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買と本当に仮想通貨を楽しみたい人向きです。 公式ページ