会社名 設立 資本金 仮想通貨交換業者
Huobi(フォビ) 2013年 不明

名称は「フォビ」「フオビ」「フォービ」「フォウビ」と色々な呼び方で呼ばれていますが、以下「フォビ」で統一させていただきます。仮想通貨取引所「Huobi(フォビ)」は金融庁の指摘で日本人の取引ができない状態であったが2018年12月10日より日本のHoubi新規口座開設を開始することになった。驚いたのは現在人気のビットトレードの経営権がHoubiになりビットトレードの取引システムと入れ替わり営業を開始するという事だ。

フォビーの予定:
■2018年12月10日 口座開設開始
■2019年1月8日 取引開始予定

早速国内のhoubiに関する評価や評判、仮想通貨の取扱銘柄、手数料などを説明しています。銀行振込は24時間クイック入金や住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行取扱予定ですから入金手数料はお安いほうだと思います。また板取引という事で取引手数料も日本の販売所と比べればだいぶお安くなるでしょう。

信 用 度 4.0
評 価 4.0
仮想通貨取引手数料 未定
銀行の入出金手数料 未定

 

Huobi Jpan(フォビジャパン)取扱い銘柄・買える購入可能コイン!

仮想通貨案内人
もともとHuobi(フォビ)は海外の主要取引所ですので提携できるコインは多いはずだ。しかし国内では少し厳しくなる。実際に取引が開始されるのは2019年1月8日以降であり取引通貨もはっきりは決まっていない。予定ではビットコイン、イーサアリアムであるがリップルも検討している。また時間の問題で主要コイン5位以内も取引できるようになるだろう。
主要銘柄コイン:

ビットコイン(BTC)、リップル(XRP/JPY)、モナコイン(MONA/JPY)、ビットコインキャッシュ(BCC/JPY、BCC/BTC)、イーサリアム(ETH/BTC)、ライトコイン(LTC/BTC)、モナコイン(MONA/BTC)

■予定通貨:ETH/JPY LTC/JPY XRP/BTC

独自のコイン(トークン):

現在発表なし

Huobi Jpan(フォビジャパン)の評価や評判は?

仮想通貨案内人

Huobi(フォビ)は2013年に中国で設立された企業なのですが、ご存知の通り中国の仮想通貨への規制が厳しいため台湾に拠点を移しました。そして、2017年にSBIホールディングスと提携し、これから益々巨大化していくのは間違いないでしょう。

フォビの魅力と言えば独自のトークンHuobi Token(単位:HT)が挙げられます。メリットが多いので先に購入しておいたら、良いことがあるかもしれません。ですが現在は海外のHoubiの取引はできません。国内のHoubiの取引所は独自トークンの取扱は現在予定はしていません。海外は「手数料50%オフ」(取引金額が半額になります)や「ランダムで新しいコインをプレゼント」(これはいいですね)、そして「HTの売買が可能」(他)などがありますので、良い事ずくめですが国内ではまったく異なる内容になるでしょう。

また、フォビのセキュリティーシステムに関してなのですが、こちらがまた強固なものを築き上げているんです。「多段階認証コールドウォレット」「メルアド認証」をはじめ、「携帯SMS認証」「Google二段階認証」と、非常に堅牢で強固な牙城を築いています。

Houbiの取引量は世界で5位以内の人気の取引所が今回日本での取引を開始するという事でかなり衝撃の内容となっています。日本の上位ビットフライヤーやビットバンクでも20位以内ではないですからね。まだ新規参入から時間が経っていませんのでこれから期待ですね。

公式ページはこちら

仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に空きたらまず登録したい取引所で。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買と本当に仮想通貨を楽しみたい人向きです。 公式ページ