仮想通貨MFT(Mainframe/メインフレーム)の特徴

アメリカ合衆国最大手の取引所であるコインベースが発表したMFT(Mainframe/メインフレーム)は、プラットフォーム内でのプライバシーやセキュリティーを強化するために通信の暗号化などを効率的に行い、ユーザーを特定できないようなアルゴリズムを備えているのが特徴です。ですので、セキュリティーのレベルは究極的に飛躍すると言っても過言ではないことから、安全性が高いと評判です(ダークルーティング)。また、MFTはOnyxというアプリを構築しており、外敵からのハッキングなどに強いことから安全性が非常に高いとみて良いと考えられます。
そして、最大の特徴と言えば「止まらない」こと。大きな負荷がかかろうが、ハッキングを受けようが、何をされても止まらない安全性の高いプラットフォームを提供してくれていることから、安心な取引が可能になります。
また、より多くの方々にネットを利用していたくために、インセンティブ化(報酬)をすすめています。MFTのノードに協力(経由ノードになる、代理になるなど)することでノードは報酬を得られます。各々でできるサービスが異なるため、ノードによって料金が異なります。
※ノードとはネットの接点、分岐点などのことを指します。

■発行日:2018年7月5日
■発行上限:10,000,000,000MFT(100憶)

 

仮想通貨MFT(Mainframe/メインフレーム)が買える取引所

ここでは、MFTが買える取引所を一部記載しています。

MFT(Mainframe/メインフレーム)が買える取引所
Binance(バイナンス)
Upbit(アップビット)
Bittrex(ビットトレックス)
Bancor Network(バンコール・ネットワーク)

最大手と言ってもいい「Binance」をはじめ、Upbit等の有名どころが揃い踏み。

仮想通貨MFT(Mainframe/メインフレーム)の評価、将来性は?

既に最大手の「Binance」に上場していることから、認知度は高く、投資家の期待値も非常に高いのがMFTです。ただ、まだ匿名性が高いとは言っても、本当に安全なのか?というところもあります。今後は信頼度のさらなる向上を行い、ハッキング対策などで実績をあげていけば、利用者は間違いなく増えると思われます。また、インセンティブ報酬がさらに活発になれば、ネットワークが活発になるのは言うまでもありません。

仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に飽きたらまず登録したい取引所です。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買が可能で初心者でも分かりやすい海外仮想通貨取引所です。 公式ページ