ビットコインに次いで時価総額2位を常時キープしているイーサリアム。そこからhardfork(分裂)して誕生したイーサリアムクラシックについて、分かりやすく解説します。

イーサリアムクラシック(ETC)とは?

 

イーサリアムが2016年に何者かにハッキングされて50億円以上もの被害を受け、その後hardforkしてイーサリアムクラシックが誕生しました。スマートコントラクトや基本的な性能はイーサリアムとほぼ同じで、より高いセキュリティーで、安全性の高いものを目指したものがクラシックです。現在の時価総額ランキングは6位辺りをキープしているので将来性を感じさせます(時価総額は約9,000億円)。

 

イーサリアムクラシック(ETC)はどこで買える?

 

現在日本国内の取引所で購入できるのは、ビットフライヤーのみ。その他「Binance」(バイナンス)「Polonieix」(ポロニエックス)「Kraken」(クラーケン)「Bittrex」(ビットトレックス)「Bitfinex」(ビットフィネックス)HitBTC(ヒットビーティーシー)などの海外取引所で購入できます。
ただし、海外の取引所で仮想通貨を入手する際に気をつけないといけないのが、日本円が使えないこと。もしビットコインを保有しているのであればビットコイン建てで、またはその他の対応通貨で購入するしかありません。

イーサリアムクラシック購入取引所一覧!
Bitflyer(ビットフライヤー)
Binance(バイナンス)
Poloniex(ポロニエックス)
Kraken(クラーケン)
Bittrex(ビットトレックス/ビットレックス)
Bitfinex(ビットフィネックス)
HitBTC(ヒットビーティーシー)

 

イーサリアムクラシック(ETC)の特長や評価・評判、将来性

 

発行上限枚数は無限と言われ、技術的に上限を増やすのは可能と言われています。ただし、どこまで増やせるのかははっきりと分かっていないようです(これはイーサリアムと同じです)。

➁イーサリアムより非中央集権を目指して作られており、仕様変更に賛成できないコミュニティから誕生しました。

 

 

イーサリアムクラシック(ETC)の将来性は?

投資する際に最も気がかりなのがこの先どういう方向性に行くのか?伸びしろがあるのか?ではないでしょうか。イーサリアムは元々潤沢な資金力や人員がありますが、hardforkして誕生したイーサリアムクラシックは技術面や資金面で将来性を危ぶむ方もいるようです。ですが、現在時価総額ランキングで常に上位に入っているイーサリアムクラシックは、hardfork後の危機的状況を乗り越え安定した時期にあると考えて良いと思われます。

ただし、仮想通貨業界はまだまだ発展途上のものですので、自分の投資できる資金内で上手に付き合うことをお勧めします。

有力なおすすめ仮想通貨取引所!

取 引 所 詳 細
bitflyer bitflyer   日本で最大の信用力がある会社。 セキュリティも世界一でないかと言われているぐらいの取引所です。抑えておく必須取引所です。
詳細を見る
GMOコイン 有名上場会社GMOの仮想通貨取引所。当サイトもそうですが需要がかなり多いです。GMOはネット系の会社ですのでセキュリティ的にも評価が高いのではないでしょうか。
詳細を見る
zaif コインの種類が多数あり穴場のコインを探すならこのサイトです。最近何かと騒がれていますが何より知名度が高いので取り敢えずの安心感はあります。
詳細を見る