仮想通貨に興味がある方なら、一度は「モナコイン」(MonaCoin)という単語を聞いたことがあるのでは?
日本国産の仮想通貨「モナコイン」について、分かりやすくお話しします。

 

モナコインとは?

 

現在一定の地位を占めているモナコインですが、2013年に公開されているのでまだ誕生してから5年程度です。仮想通貨事態が誕生してから10年ほどですので、そんなに後発的なものではありません。また、日本産の仮想通貨ということもあるので信用度は高いと言えるでしょう。ライトコインをベースに考えられたモナコインは、世界で初めてSegWit(セグウィット)を採用し、同時に多数の送金処理ができるようになり、ビットコインより速い送金速度と手数料が安いというのが特長です。
2017年10月に時価総額が一気に上昇し、かなり仮想通貨上位ランキングに位置してきているので、これからの動向が見逃せません。

 

モナコインはどこで買う?

 

どんどんと大きくなってきているモナコイン市場。これからの価格上昇にも期待はふくらむばかりです。さて、モナコインが欲しいと思った時に、どこで購入すれば良いのでしょうか?
一番有名どころでいくとビットフライヤー(bitFlyer)は、国内で最も有名な取引所ということもあるので安心かと思います。
また、モナコインの取引高が世界最大なザイフ(Zaif)で購入すると、手数料相当の額をもらえるというのが素晴らしい😁もらえるっていうのが凄いですよ。いつまでもらえるかは分かりませんので、早めに購入してモナコインをゲットするのがいいかもしれません✌

 

 モナコイン購入取引所一覧!
Zaif(ザイフ)
bitFlyer(ビットフライヤー)
Bitbank(ビットバンク)
BitTrade(ビットトレード)

 

モナコインの特長や評価・評判、将来性

 

上記に書いたセグウィットなどの技術力が高いモナコイン。ビットコインとのアトミックスワップも成功し、どんどん力を付けてきているようです。仮想通貨が使えるお店は日々増えてきていますが、普通のお店と違ってそんなに早く対応できるお店はまだまだ😌しかし、モナコインは意外に使えるところが多くなってきており、「モナ払い」ができるお店も随分と増えてきているようです。その他「Monappy」(モナピー)というオンラインショップでは色々な物が売買されており、モナコインで買い物ができます。やっぱり日本国産の仮想通貨というところが信用できる所以のような気がします。
※アトミックスワップとは、取引所などの第三者機関を介在させずに、種類が違う仮想通貨をユーザー間取り引きが行える仕組みのこと。

 

モナコインの投げ銭サービス

 

Twitter上で人気なのが、このモナコインの投げ銭サービス。Twitterのアカウントがあれば誰でもでき、「@tipmona tip (ユーザー名) (数量)」とツイートするだけでモナコインをプレゼントできます。「何でいきなり他人にお金をやらにゃいかんのか?」と思ってしまうかもしれませんが、何かをしてもらったお礼にチップ代わりにあげている人も多いようです。皆さんも試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

取引手数料・入出金無料!仮想通貨のレバレッジ取引が可能! DMM Bitcoin