これから上場を予定している仮想通貨WITH(ウィズコイン)が、いつ購入できるのか?どこで取り扱うのか?評価や評判、将来性などについて、分かりやすく解説します。

 

WITH(ウィズコイン)はどこの取引所で購入できる?

提携先が既に決まっていたのですがバイナンスは上場前に広告を出すのを非常に嫌います。そういった点で上場はダメになったと言われています。HitBtcへの上場は果たしているが日本人が取引できなくなりました。なのでwithcoinの上場取引所はない状態でしたがようやく上場先が決まりました。
MERCATOXへの上場を果たしました!
ウィズコイン購入予定取引所一覧!
MERCATOX ※2018年7月18日
HitBTC(ヒットビーティーシー)※日本人取引禁止

 

WITH(ウィズコイン)の上場

 

中国のマカオを拠点とするD-BACインターナショナル社が上場予定している仮想通貨WITH(ウィズコイン)が、投資家の間でかなり話題になっています(発行上限枚数:50億)。ヒットビーティーシーへ5月30日に上場予定しました。ですがわずか5分で100円から0.5円に下がるなど売りがかなり強いコインとなってしまいました。その後もhitbtcが日本人売買付加となり0.3円と値が更に下がるなどの状況です。

WITH(ウィズコイン)の特長は?

 

スマホから手数料不要で簡単送金

ネムを基に開発されたウィズコインは、スマートコントラクトを使った最新型のプラットフォームです。独自に開発したスマートコントラクトの画期的な技術は、相手の電話番号が分かれば、銀行口座が不要かつ手数料無料で送金できてしまうという優れもの。スマホと電話番号があれば事足りるというのは、東南アジア圏で流行っている仮想通貨オミセゴー(OmiseGO)に似ているように思えます。通常取り引きをする際、どうしても間に業者が介在するので手数料が発生してしまいます。しかし、ウィズコインを使えばスマホを口座代わりにして送金や決済ができるので、余計な手数料がかかりません。これはとても便利です。

 

処理能力のスピード

送金スピードの遅さでいつも引き合いに出されるビットコインですが、取引量も多いので仕方がないとはいえ、、渋滞のような送金時間がかかってしまっています。しかし、ウィズコインは秒間約4,000件を処理することができ、圧倒的な処理能力を持つと言われているリップルすらはるかに凌駕しています(リップルは秒間約1,000件)。

 

5円で固定?

予定ですが、ウィズコインは5円のレートで固定されると告知していました。ですが固定される事がなく仕手の効果もなかった。

 

カジノで使える?

今日本でも色々と取り沙汰されているカジノですが、マカオと言えばカジノが有名ですよね。このウィズコインは「現実のカジノで使える」ことを想定していて、複数社から契約を持ちかけられているようだった。現段階では岡田マニラの2階で使えているという噂が多々あり。
この先オンラインカジノを運営している「D-BAC社」の「ソレアリゾート&カジノ」「オカダマニラ」「シティ・オブ・ドリームズ・マニラ」でウィズコインが使える予定らしい。

 

WITH(ウィズコイン)の評価や評判、将来性は?

 

実際に上場したことは確かです。送金手数料が無料というのはお得なのでかなり期待が持て、為替手数料も3%と激安のため、利用者が増えることが予想されていた。カジノというギャンブルでも使えるということが一般の人の評価をどう左右するのか懸念材料ではあったが今はそれどころではないとう感じ。仮想通貨への投資もギャンブルのようなものなので致し方ないですががっかりしている人も多いようです。これからの動きは日本人が取引できる取引所と実際にカジノで使われるようになるという事を期待。といったところでしょう。

仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に空きたらまず登録したい取引所で。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買と本当に仮想通貨を楽しみたい人向きです。 公式ページ