国内仮想通貨取引所のどこが一番多くコインの銘柄を扱っているのかを調べてみました(金融庁認可限定)。「コインを買いたいけど、どこがいいのか分からない!」「会社の特長をひと目で知りたい!」という方、是非参考にしてみてください。

 

 

取扱銘柄数ランキング(販売所/取引所) 銘柄数
1位:QUOINEX(コインエクスチェンジ) 8銘柄+トークン
2位:bitflyer(ビットフライヤー) 7銘柄
3位:DMMビットコイン 7銘柄
4位:Zaif(ザイフ) 5銘柄+トークン
5位:GMOコイン 5銘柄

 

【1位】QUOINEX(コインエクスチェンジ)・・・8銘柄+トークン

 

➀現在の国内仮想通貨取引所の中では一番取り扱い銘柄が多く、通貨ペア数もとても多い。トークン400種類以上を扱っています。

レバレッジ取引が最大25倍まで設定可能(国内最大)。

➂ベース通貨ペア(BTC/JPY)に限り取引手数料が無料。その他は一律約定金額の0.25%とやや高め。

➃2014年にシンガポールで設立された会社ですが、現在は日本に拠点を置き、金融庁からも正式に認可を得ています。

QUOINEX⇒コインエクスチェンジの詳しい説明はこちら

 

【2位】bitflyer(ビットフライヤー)・・・7銘柄

 

➀BTC取り引き量、資本金、ユーザー数共にNo.1の最大手

➁初心者が仮想通貨の取り引きを始めやすいよう、全体的に初めての方に優しい設計になっています。

➂「第一生命」や「みずほフィナンシャル・グループ」等、大手企業が株主なので安心。

➃万が一不正アクセスなどの被害に遭った場合は、上限500万円までの補償があります。

Bitflyer⇒ビットフライヤーの詳しい説明はこちら

 

【3位】DMMビットコイン・・・7銘柄

 

➀DMMビットコインは「販売所」であり「取引所」ではありません。

➁アルトコインでのレバレッジ取引ができる(最大5倍)。手数料はレバレッジ以外は無料で非常にお得です。

➂アプリがとても使いやすく、サクサクと進められると好評です。

➃「東京ビットコイン取引所」という名称でしたが、2017年末に「DMM Bitcoin」に社名変更。元々「DMM FX」など金融系サービスを行っていたので、期待値が高い。

DMM Bitcoin⇒DMMビットコインの詳しい説明はこちら

 

 

 

【4位】Zaif(ザイフ)・・・5銘柄+トークン

 

➀普通は取られてしまう手数料ですが、ザイフでは現物取引手数料が―0.01%になっており、ボーナスを貰えるようになっています(期間限定でメイカー手数料―0.05%)。

➁企業などが独自に発行しているトークンの扱いが非常に多い(9種類)。

「Zaifコイン積立」があり、毎月1,000円から設定できるようになっているのが便利です。

zaif⇒ザイフの詳しい説明はこちら

 

【5位】GMOコイン・・・5銘柄

 

➀GMOコインは「取引所」ではなく「販売所」であるため、提示している額で即欲しいコインを購入することができます。

➁日本円の入出金ゼロ。ビットコインの引き出しもゼロと、手数料がかからないのが人気の一つ。

➂東証一部上場しているGMOグループなので、母体がしっかりしている。また、GMOインターネットでの金融系サービスを活かした取り引きが好評です。

GMOコイン⇒GMOコインの詳しい説明はこちら

仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に空きたらまず登録したい取引所で。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買と本当に仮想通貨を楽しみたい人向きです。 公式ページ