会社名 設立 資本金 仮想通貨交換業者
株式会社フィスコ仮想通貨取引所 平成28年4月12日 3億8,706万円

仮想通貨取引所「FISCO(フィスコ)」の評価や評判や仮想通貨の取扱銘柄、手数料などを説明しています。FISCOは株式会社フィスコ仮想通貨取引所が運営しています。

信 用 度 4.0
評 価 3.5
仮想通貨取引手数料 各仮想通貨により異なる
銀行の入出金手数料 350円(出金額50万円未満)756円(出金額50万円以上)

FISCO(フィスコ)取扱い銘柄・買える購入可能コイン!

仮想通貨案内人
FISCOが販売所で扱っているのはビットコインとモナコインの2種類と少し物足りないかもしれません。取引所で購入できるのは、前述した2種類以外にビットコインキャッシュや3種類のトークンの取り引きが可能です。
主要銘柄コイン:

ビットコイン(BTC)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCH)

独自のコイン(トークン):

フィスココイン(FCSS)※株式会社フィスコが発行する独自のトークン。
ネクスコイン(NCXC)、カイカコイン(CICC)※グループ会社のネクスグループとカイカが発行しているトークンです。

FISCO(フィスコ)の評価や評判は?

仮想通貨案内人

FISCOの最大の特長は「ビットコインの現物取引の手数料が0%」ということ。費用がかからないというのはかなりのメリットと言えます。また、アルトコインの現物手数料もmakerは無料になっています。その他の魅力としては、前述した独自トークンを購入できること。こちらのトークンは、FISCOが提携しているZaifでも購入することができるのでとても便利で、お勧めです。

セキュリティー面に関して挙げると、基本的にはネット上に繋げていない「コールドウォレット」を採用しており、ハッキング被害によるリスクを低くしています。また、「2段階認証」はもちろんマルチシグネチャを採用しており、より強固な安全性を高めています。安心して利用できる取引所と言えるでしょう。

まだ他の大手取引所と違って知名度が少ないため、取引量が少ないというのがデメリットとして挙げられます。取引量が少ないと売値と買値の差であるスプレッドが広がってしまい、希望に近い価格での取り引きができなくなってしまいます。これは知名度が上がり、取引量が増えれば自ずと改善されてくると思います。
また、マイナスポイントとして挙げられるのが、レバレッジ取引に対応しておらず、現物取引しか対応していないこと。リスクは大きいですが、レバレッジができないのは投資家としては残念かもしれません。

取り扱っている仮想通貨も増えてきて、独自トークンもあるFISCO。これからさらに伸びると思われる優良企業でしょう!

取引手数料・入出金無料!仮想通貨のレバレッジ取引が可能! DMM Bitcoin