仮想通貨分散型アプリケーションとは非中央集権型のアプリケーション、即ち分散型アプリケーションを意味しています。中央管理者には依存することなく、あくまでもユーザーファーストに立脚したアプリケーション、つまりDappsです。このDappsがこれからの社会基盤に変貌をもたらしていくであろうと考えられています。Dappsには定義として3つあります。

中央によるコントロールではなく分散化した状態で、オープンソース、かつブロックチェーンにおいては暗号化した状態自動的に実行されるもの

ブロックチェーン内の流通にはそれぞれ独自のトークンをもっており、アプリの利用、貢献に対する報酬はすべてトークンで行います。しかもオープンな状態で行われているもの

ユーザー間の合意形成に基づいて、アプリケーションの改善がなされているもの

これら3つを満たして始めてDappsとして定義されます。ビットコイン、イーサリアム等の仮想通貨がまさしくDappsの1例として幅広く流通されています。

【今までのアプリとの相違点】なんといっても大きな違いは、Dappsが非中央集権的であることに対して、今までのアプリはそのアプリを開発したところが、管理と運用を行なってきたという点です。片や、Dappsはユーザーが一緒になって支援しながら、管理・運用を行なっています。この違いは歴然としています。2点目の相違点はDappsユーザーファースト主義に徹底している点です。今までのアプリはユーザーを重要視してはいますが、徹底したユーザーファーストとは言い難いでしょう。この点、Dappsは徹底したユーザーファースト主義に立脚しています。

こうしてDappsをみていきますと、Dappsには中間の搾取者が存在していないことが、最大のメリットといえます。Dappsはゲームからいろいろ活用され始めていて、さらにDapps化の様相が帯びてきますと、これからのサービスは多方面に亘って、間違いなく国とか資本主義などといったものを超越した全く新しい社会の仕組みや経済が出現していくと考えられます。

仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に空きたらまず登録したい取引所で。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買と本当に仮想通貨を楽しみたい人向きです。 公式ページ