仮想通貨ランキングで15位前後をキープしている米国発祥の仮想通貨テザー(Tether/USDT)について、どこの取引所で購入できるのか?また、将来性について分かりやすくお話しします。

 

テザー(Tether/USDT)とは?

 

頭文字に「US」と文字がつくだけあって、アメリカの法定通貨($)と連動してテザー「USDT」は誕生しました(1USDT=1USD(米ドル)。いわゆるペッグ通貨の仮想通貨版と言えます。
※ペッグ通貨とは自国通貨の為替レートと特定の通貨を一定に保っている通貨のこと。
テザーは法定通貨(米ドル)と等価値のため、常に相場は固定されているのが特長。一般的にステーブルコインと呼ばれており、価値が変動しないように設計された通貨です。

★公開:2015年 ★通貨単位:USDT ★発行上限枚数:なし

 

テザー(Tether/USDT)はどこで買える?

 

現在、テザーを購入できる国内取引所はありません。ですので、どうしてもテザーを買いたいということであれば、海外の「Poloniex」や「Bittrex」「Cryptopia」「HitBTC」等で買えますよ!

テザー購入取引所一覧!
Poloniex(ポロニエックス)
Bittrex(ビットトレックス/ビットレックス)
Cryptopia(クリプトピア)
HitBTC(ヒットビーティーシー)

 

テザー(Tether/USDT)の特長は?

 

価格の変動が殆どない

基本的に分散型ブロックチェーンを使って管理しているので、セキュリティー面は万全です!しかも、取引手数料なども安く済ませられるのも良い。ただし、いいんだか悪いんだか分かりませんが、価格の変動が殆どありません。そりゃ1USDT=1米ドルですから、ほぼ乱高下などがないのは当然です。

 

テザー(Tether/USDT)の評価・将来性は?

 

2017年に日本円にして約35億円ものUSDTがハッキング被害に遭うという事件がありましたが、盗難されたあとすぐにハードフォークして無効化することに成功しました。こういったこともありましたが、その後は特にトラブルもなく運営できているので、セキュリティー面はその後強化されたと思います。

※将来性云々と言った後にマイナスポイントを挙げるのは嫌なのですが、現在テザーは「実は同額の米ドルを保持していないのではないか?」という疑惑を持たれており、市場を騒がせています。これが本当のことであれば仮想通貨業界の市場崩壊へと繋がるのではないかとも言われており、実際にいくつかの銀行がテザーとの取り引きを中止したこともさらに疑惑を持たれる要因になっています。本当のところは分かりませんが、慎重に対応するに越したことはないでしょう。

 

 

 

取引手数料・入出金無料!仮想通貨のレバレッジ取引が可能! DMM Bitcoin