ビットコインだけでなく、アルトコインも目まぐるしい動きがありますね~。グーンと伸びてきているアルトコインのダッシュ(DASH)について分かりやすく解説します。

ダッシュ(DASH)とは?

 

2014年に誕生したダッシュなので、その歴史は約5年ほど。元々はDarkcoin(ダークコイン)という名称でしたが、2015年に現在の名前のダッシュに名前が変わりました(正確なことは分かりませんが、ダークという言葉の印象が悪いと判断したのかもしれません)。現在の時価総額は日本円にして約3,700億円(2017年11月)で、仮想通貨ランキングの第6位につけている実力者です。総発行量は2,200万DASH(通貨単位も1DASHです)。
ビットコインは利用者のアドレスや入出金の流れがオープンになってしまいますが、ダッシュの場合は匿名性が高くなっており、全く分からないようになっているのが最大の売りかと思います。

 

ダッシュ(DASH)は国内のどこで買える?

 

今のところ日本国内の取引所でダッシュを購入できるところは残念ながらありません(以前はコインチェックで購入することができましたが、不正送金でのNEM流出のため新規口座の開設はしておりません)。

しかし、海外の取引所のBinance(バイナンス)で、現在ビットコインを所有しているのであれば購入が可能です(ビットコインを売ってダッシュを購入するなど)。しかも、日本語のインターフェイスが利用できるのでとても良い。
最大級の安全、安心が欲しいというのであれば、日本国内の取引所で売買ができるようになるのを待つのが一番ではないかと私は思います。

ダッシュ購入取引所一覧!
Bitfinex(ビットフィネックス)
Binance(バイナンス)
Poloniex(ポロニエックス)
Kraken(クラーケン)

 

ダッシュ(DASH)の特長や評価・評判、将来性

 

➀モネロ(Monero)と同様、匿名性が非常に高い。ダッシュでは送金を個別に行わずコインミキシングという方法で、いくつかある送金をシャッフルしてまとめて送金処理をしています。「1対1」での送金ではなく、「複数対複数」でシャッフルすることにより、誰が誰に送金したか分からない仕組みを作っています。

➁取引スピードがめちゃくちゃ速い!なんと約4秒で完了してしまう驚異的なスピード。いつもビットコインが比較の対象になってしまいますが、約10分かかると言われている遅い取引スピードが、ダッシュだと秒単位で終わってしまうというスピーディーさが凄い(ビットコインは仮想通貨の王様で、需要が高いから仕方ないのですが)。

 

 

取引手数料・入出金無料!仮想通貨のレバレッジ取引が可能! DMM Bitcoin