ビットコイン以外のアルトコインは数千種類以上あると言われています。その中で上昇するのではないかと言われているジーキャッシュ(Zcash/ZEC)について、分かりやすく解説します。

 

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)とは?

 

大手銀行JPモルガンとの提携で一躍有名になったジーキャッシュ。「ゼロ知識証明」と言われる匿名性の機能が高く、ダッシュ(Dash)、モネロ(Monero)と比較しても機密性が優れており、「完全非公開」での取り引きを可能にしています。
2016年10月に誕生した仮想通貨なので比較的新しい通貨。発行上限は2,100万枚。単位は1ZEC。

 

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)はどこで買える?

 

大量の仮想通貨を取り扱っていたコインチェックでジーキャッシュを購入することができましたが、不正な送金によるNEM流出の件で現在は購入できません(現在、新規の口座開設はしていません)。その他購入できるところはあるのですが、今のところ海外の取引所でしか取り扱っていません。英語に慣れているなら特段問題はありませんが、分からないなら無理して買わなくてもいいかもしれません。一番信頼できる日本の取引所が取り扱うようになったら購入するのがベストだと思います。

ジーキャッシュ購入取引所一覧!
Poloniex(ポロニエックス)
Bittrex(ビットトレックス/ビットレックス)
Bitfinex(ビットフィネックス)
HitBTC(ヒットビーティーシー)

 

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)の特長や評価・評判、将来性

 

➀最強、最高とも言われる「ゼロ知識証明」が凄い。ブロックチェーンに書き込まれる全ての情報を暗号化(匿名化)しているので、資産のやり取りなどを第三者に明かすことがありません。取り引きをした送金者、受信者、アドレス、仮想通貨の数量、履歴など「完全非公開」で行えます。

➁創業者(ファウンダー)報酬がある・・・マイニング(採掘)により発行されたコインの10%が創業者に与えられます(何それ?って思うかもしれませんが、この10%は運営やプロジェクトの開発資金などの用途として使うそうです)。こちらの創業者報酬は一応4年で終了を予定しており、それ以降の新規コインはマイナーへ与えられます(2020年10月頃を予定しています)。

ジーキャッシュ(ZEC)は2016年6月28日に公開されましたが、公開後1ケ月間でgenesisブロックに接近するに伴って、多くの人がジーキャッシュ(ZEC)技術がどのように機能するかを観察してきました。genesisブロックはビットコインの起源として注視されています。というのも、genesisブロックはブロックチェーンとして最初のブロックを成している理由があるからです。genesisブロックは知る人ぞ知る「サトシナカモト」自身が創成したものといわれています。この最初のブロックは普通のブロックと違っています。その理由は、普通のブロックは前のブロックとチェーン状で連結される必要性があるため、前のブロックは次のブロックに連結させるためにはある演算が行われてnext pointが作り出されて、そのnext pointが次のブロックの内にprevios pointとして形成される必要性が出てきます。こうした演算を次から次へと繰り返しながらブロックチェーンがデータとして連結されていく仕組みになっているのです。genesisブロックには前のブロックがないことが、普通のブロックとの差異が生まれてきます。つまり、採掘者が作り出すブロックとは明らかに違っています。ということで、次のことが明確にいえます。

 

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)が2009年1月3日以前にはビットコインが存在しなかったことを証明!

 

それでは、次に何故、ジーキャッシュ(ZEC)は信頼できるセットアップが必要であるかという点に疑問が生じてきます。その前提として、ジーキャッシュ(ZEC)は「Zero-Knowledgeプルーフ」を利用することで取引情報をhidden化(隠すこと)させることを可能にするための追加ステップとして「信頼できるセットアップ」を追加するに至りました。この信頼できるセットアップジーキャッシュ(ZEC)を機能させて動作することに対して非常に重要な部分となっています。なぜならば、この信頼できるセットアップがあるがために、それらのキーを生成した人達が完了したと同時に破棄したことを証明することが必要が生じるためです。さもなければ、一度生成して破棄されなければ、偽造が可能となってきます。また、破棄されることで、ジーキャッシュ(ZEC)の作成能力は無限化されてきます。

 

【匿名性の保持問題】ジーキャッシュ(ZEC)の根底には「Zero-Knowledgeプルーフ」の利用によるいわゆる「ゼロ知識証明」というコンセプトが潜んでいるため、非常に高い匿名性が保持可能となっています。これにより、取引データの詳細について第三者が知らなかった場合でも、取引に不正がないことの確認ができるという考え方に基づいています。この背景にあるのは、リング署名と取引情報を隠すテクノロジーであるペダーソン・コミットメントに依存する事実です。ペダーソン・コミットメントとは、送金する人と受け取る人との合計値をチェックして取引の前後で全く変わらなければ、取引額を隠すために暗号化するというテクノロジーのことをいいます。

スケーラビリティに対する課題】匿名性をより高めていこうとする場合に必ず直面する問題がスケーラビリティに対する課題です。どうしてもブロックサイズがおおきくなり、取引データ量は大きくなる一方です。これに関してはpeer to peerシステムの在り方やノードとその階層等に対しての解決策を懸命に求めて試行錯誤しているフェーズと考えられます。

 

 

 

仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に空きたらまず登録したい取引所で。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買と本当に仮想通貨を楽しみたい人向きです。 公式ページ