これからが楽しみで、時価総額もグーンと上がっているクアンタム(Quantum/QTUM)について、分かりやすく解説します!

 

クアンタム(Quantum/QTUM)とはどんなもの?

 

2016年12月29日に発行されたクアンタムは、シンガポールを拠点とするQtum財団により開発されました。仮想通貨の時価総額1位のビットコイン(BTC)と2位のイーサリアム(ETH)の良いとこ取りをして組み合わされたようなプロジェクトで、将来性を期待されている新たな仮想通貨と言われています。
ビットコインのブロックチェーンの仕組みは高性能でありつつオープンソースのため自由に利用できます。そして、イーサリアムのスマートコントラクトという素晴らしいシステムも、ブロックチェーンと並び称されるほどのシステムなんです。その2つのシステムを合体させたクアンタムは、ビットコインの「安定性」とスマートコントラクトによる「安全性」の両方を満たす素晴らしい仕組みを創り上げたのです。
※オープンソースを簡単に説明すると「こんな感じの物を作ったから、誰でも使っていいよ!という太っ腹な感じです。

 

クアンタム(Quantum/QTUM)はどこで買える?

 

現在クアンタム(Quantum/QTUM)を取り扱っている日本の仮想通貨取引所はありません。しかし、「どうしてもクアンタムが欲しい~」という方は、BINANCE(バイナンス)やアメリカ最大級で190種類以上のコインを取り扱っているBittrex(ビットトレックス)などで購入できます。特にBINANCEは日本語にも対応してくれているので、取り引きしやすいのでお勧めですよ。

クアンタム購入取引所一覧!
Binance(バイナンス)
Bittrex(ビットトレックス/ビットレックス)

 

クアンタム(Quantum/QTUM)の特長は?

 

通貨単位/QTUM。発行上限枚数1億QTUM。その後毎年1%ずつ増加します(無限?)。現在の時価総額は約5,000億円前後。仮想通貨ランキングでは12~17位をキープしています。

➁「UTXO」という機能で、プライバシーを安全に守ってくれます!イーサリアムではなし得なかった機能をつけることで、非常に高い匿名性で資産を守ってくれます!

 

クアンタム(Quantum/QTUM)の評価や将来性はどう?

 

前述したように「高い技術」と「安全性」を兼ね備えたクアンタムは、時価総額が60位から一気に17位まで上がるほどの勢いを見せています(ランキング10位代に位置しているだけでも凄いですが、上がりっぷりが凄いですね)。
まだまだ取り扱いが少ない仮想通貨と言って侮るなかれ。クアンタムは非常に将来性を見込まれており、注目度がとても高い仮想通貨です。もちろん確約はできませんが、購入しておいても損はないと思われます!

 

 

 

仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に空きたらまず登録したい取引所で。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買と本当に仮想通貨を楽しみたい人向きです。 公式ページ