ICOバブルとも言われている今日この頃。多くの国が規制を始めていますが、投資家のICOへの参加はとどまるところを知りません。TheDAO事件に始まるICO規制や成功例、そして、投資家が感じるICOへの魅力を調べてみました。

ビットコインの基盤の核をなす技術、ブロックチェーンを活用することがICOの世界を構築する最も重要な前提条件であろうと考えられた結果として、ICOが誕生したという経緯が過去にありました。およそ2年前の2016年6月に、皆さんご存知の、あの有名な「TheDAO事件」が起こり、良かれ悪かれこのことで一気にICOが世間に知れ渡ることになったのです。この事件のあらましはプロジェクトTheDAOが投資目的により1億5,000万ドルという巨額のお金を収集し、どういうわけか、その収集した金額のうちの7,400万ドルがどこかに流出した事件を起こし、世間は騒然となり仮想通貨業界に多大なインパクトを与えてしまったのです。これが俗にいう「TheDAO事件」です。

TheDAOというプロジェクトは仮想通貨のコンセプトである中央集権的な立場で管理する国家や銀行に依存しない形態、即ち分散型の枠組みを創生しお互いに各個人が対等な立場に立脚した仕組みを実現しようとしたプロジェクトでした。このコンセプトは大勢に人々の共感を呼び巨額の資金を集めることに成功しました。しかしながら残念なことに致命的な落とし穴があったという訳です。プロジェクトを構成するプログラムの脆弱な箇所、つまりバグに対して、神出鬼没のハッカーらの攻撃の的となって多くの投資額が流出した事件が生じました。依然犯人はわかっていませんし、外部のハッカーか、はたまた内部の関係者によるものかさえ不明であるという状況です。

この事件発生後は失望感が充満してICO活動はなりを潜ましたにも拘わらず、TheDAOプロジェクトが行った以上の規模で、しかも非常に短い期間で目的を達成したプロジェクトが出現し、その後は「ICOバブル」と呼ばれるくらいの盛り上がりと賑わいを見せているようです。ということで、ブロックチェーンに対する技術云々よりも仮想通貨を活用して資金調達することに注目が注がれています。

ICOの規制】

2017年7月:アメリカ

2017年8月:シンガポール

2017年9月:中国

2017年:韓国、日本

このように各国で規制を設けられたにも拘わらず、新しいサービスであるImpark Coinが2017年9月にアメリカで生まれました。Impark Coinは規制下による合法手段で最初に誕生した仮想通貨です。

【これまでのICO成功例】

イーサリアム・・・仮想通貨の世界ではビットコインに次ぐ2番手に位置づけられているのが、このイーサリアムです。イーサリアムは2014年にICOによって誕生した仮想通貨で、2015年には市場公開されて今日に至っています。

アラゴン・・・企業の基本的な機能である給与計算、経理、ガバナンス、資金調達等を分散型による管理を目的としたプラットフォームを形成しているのがアラゴンです。アラゴンに関しては、なんといっても15分という時間で2,500万ドルの資金調達に成功したという逸話が有名です。

ICOの魅力】

前述したように様々なトラブルや事件があったICOですが、イーサリアムやアラゴンなどの成功事例も多々あり、時代はICOバブルと言っても過言ではありません。元々は企業が資金調達のために行うICOですが、そこにお金を稼げるという魅力があるからこそ投資家はICOに参加するのです。投資家達は慎重にホワイトペーパーを調べ、どのようなビジョンを掲げているのか?どのような企業が協賛・協力などをしているか?そして、ロードマップなどを見ながら参入するか否かを決定します。
結局ICOに参入するということは、利益が生み出せる勝率や将来性を見越した上で投資を行うのです。魅力が感じられないICOは消えていく運命をたどるだけで、実際90%以上が消えゆくものと思ってよいでしょう。

取引手数料・入出金無料!仮想通貨のレバレッジ取引が可能! DMM Bitcoin