会社名 設立 資本金 仮想通貨交換業者
SBIバーチャルカレンシーズ株式会社 2016年11月1日 9億8,000万円(資本準備金含む)

仮想通貨取引所「SBIバーチャルカレンシーズ株式会社」の評価や評判や仮想通貨の取扱銘柄、手数料などを説明しています。

信 用 度 5.0
評 価 4.5
仮想通貨取引手数料 現物取引の手数料ゼロ
銀行の入出金手数料 入金手数料無料。出金は住信SBIネット銀行51円、以外の金融機関165円(30,000円未満)、258円(30,000円以上)

SBIバーチャルカレンシーズ株式会社取扱い銘柄・買える購入可能コイン!

仮想通貨案内人
SBIバーチャルカレンシーズ株式会社はあの住信SBIグループが100%株主なので、非常に信頼できる取引所と言えます。現在、日本では仮想通貨への締め付けはかなりきつくなってきていることからか、取り扱いペアはちょっと少ないです。ただし、SBIホールディングスの資本力を考えると、安心・安全の取り引きができるのは間違いないでしょう。これから銘柄が増えることを楽しみにしています。
主要銘柄コイン:

リップル(XRP)、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)のペア。
その他イーサリアム(ETH)、モナコイン(MONA)、ライトコイン(LTC)なども取り扱われるのではないか?とも予想されています。

 

SBIバーチャルカレンシーズ株式会社の評価や評判は?

仮想通貨案内人

前述したようにSBIバーチャルカレンシーズ株式会社は、住信グループ100%株主なので信頼度はピカイチ!また、リップル社の株を10%保有していることもあり、SBIバーチャルカレンシーズの価格が上昇すれば、自然とXRPも上昇することは明らか。ですので、XRPを保有している方やXRP推し(笑)の方は絶対に登録しておいたほうが良い取引所と言えます。

実際、2018年の春に取引所をオープン予定でしたが、コインチェックの事件があったことから2018年夏に延期したと言われています。SBIホールディングスの金融業界での実績は誰しも認めるところですが、この事件があったことをきっかけに開業を延期したのは、企業として素晴らしい決断だと思います。そこでセキュリティー面の再度の見直しや強化を行ったことから、相当に安心な取引所になることは間違いないでしょう。さらに、二段階認証と似て異なる「二要素認証」を導入しているのも特筆すべきところだと思います。

このようなことを踏まえて、リスクを分散するために活用される方も出てくるのではないかとも考えられます(基本的にいくつかの取引所に資産を分けておくのが安全なので、分散される方が多いです)。

そして、我々投資する側にとって一番嬉しいのが入金手数料がゼロということ!さらにありがたいのは住信SBIネット銀行を使えば、出金手数料がかなり安くなるのもメリットと言えます。意外と仮想通貨の出金手数料がかかってしまって損をするということも多いので、手数料が安いのはGOODです(塵も積もれば山となりますから・・・)。

これからのことで正式に発表されていませんが、ICOにも力を入れていくと北尾社長もおっしゃっています。ICO案件が始まれば価値が上がるトークンが誕生するかもしれません。どのくらい先の話になるかは分かりませんが、ICOへの期待も高まります。

資本力、セキュリティー面、サービスなどの面では、限りなく日本一になる可能性が高い取引所になるのではないかと思います。

取引所比較
仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に空きたらまず登録したい取引所で。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買と本当に仮想通貨を楽しみたい人向きです。 公式ページ