NAMコイン(ナムコイン)の注目度は日に日に上っていますね。医療系の仮想通貨コインですがとにかく発想が画期的で日経新聞や挑戦日報などからの取材の依頼が来ているようです。医療電子カルテやAIを利用した事業のようですが堀江貴文氏もこのコインに興味を持ち思わず「取材を申し出たい」と仰るほどの注目のコインです。

ナムコインの会社概要から見てみよう。

会社名:NAM 従業員数:15名
設立:2017年10月  資本金:1000万円
住所:東京都中央区日本橋3-2-14 4F  事業内容:医療系のハードウェア開発など。

NAMコイン(ナムコイン)はAI×ブロックチェーン×医療がテーマでAIによる手術後の経過や予防医療、電子カルテなどが代表的な改善点である。企業的にはまだまだ小さな会社ではなるがこの従業員15名はレベルの高いSE集団である事はこの開発内容からもわかる。安定的で2018年の時点では爆上げも充分期待できる世界シャアを持っている。

NAMコイン公式ページこちら!

NAMコイン(ナムコイン)取引所はどこで買える?購入先は?

NAMコイン(ナムコイン)のすごい所はもう既に上場前プレセールから取引所が決まっていたことだ。現在は順調にナムコインの上場取引所を増やしている。

ANX 香港の取引所(2018年6月上場・日本人は登録できません)
Bit-z 香港の取引所(2018年7月27日上場)
Bitwow シンガポールの取引所(2018年7月27日上場)

取引所は日本人登録できないANXでしたがようやく日本人の方も取引ができるようになりました。この中で言うと日本人はBit-zを使う人がほとんどでしょう。このまま着々とロシア、ブラジルの取引所に上場していく予定だそうです。私の予測としてはバイナンスなどの大きな取引所にも最終的に上場していくのではないかと思っています。

NAMコイン(ナムコイン)評価は?

NAMコインは他の怪しい仮想通貨とは少し違ったように思えます。それはまず上場前のプレセールの段階から取引所が決まっている点、そして経済省から推進をされているという点です。医療の発展に繋がるものとして行っている仮想通貨という事で通常のコインよりは妨げる要因は見当たりません。

テレグラムやLINE、メールなどで豆に投資化たちに情報を配信していますので誠実差も他と比べるとありそうです。

日本の医療は世界と比べまだまだ劣っている部分が多く世界に通づるこのようなノウハウが達成されて行けば日本の医療もこのコイン自体の価値も大きく変わってくる可能性は高いでしょう。上場する前のプレセール時期から人気も高いですし有力仮想通貨コインであることは間違いありません。

仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に空きたらまず登録したい取引所で。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買と本当に仮想通貨を楽しみたい人向きです。 公式ページ