利益になるか否かが難しいICOですが、夢があって楽しいですよね。ということで、現在ICO中の仮想通貨Apollo Septem(アポロセプテム)について、分かりやすく解説します。

 

仮想通貨Apollo SeptemのICO完了まであと少し!

 

現段階であと少しって書いていますがまだICO完了まで100日以上ありますので、時間はたっぷりあるのかもしれません(笑)。資金調達もどのくらいのペースで進んでいるのかは定かではありませんし、実際に上場されるかどうかも不確定ですので、その辺りの判断はご自身でお願いいたしますm(_ _)m

話は変わりますが、上記に添付したトップページの画面を見ると、日本語対応してくれているのがとても良い印象を受けます(第一印象は大事ですからね)。まぁ、慣れている方なら分かると思うのですが、外国の方がされているので「ホワイトペーパー」が「ワイトペーパー」になっていたり、「トークン」が「トケン」になったりしているのが面白いです。

 

仮想通貨Apollo Septemの特長

 

一風変わっているのが、Apollo Septemは芸術や美術に力を注いでいるコミュニティーということ。「アーティストとアートを愛する人たちを繋ぐ」システムと言うと分かりやすいかもしれません。芸術産業の発展に技術革新をもたらかもしれませんよ。
システム的にはイーサリアム(ERC20)ベースのブロックチェーンプラットフォームを活用している分散型ネットワーク。中央集権型と異なり、ユーザーやトークンを保持している人たちが投票権を持っているため、資産の一極集中化を防ぎます。

 

仮想通貨Apollo Septemの概要

 

トークンの総発行量は300,000,000(3億枚)で、売り出し枚数は180,000,000(1.8億枚)。現在ICO中で、資金援助をすれば発売前のボーナスをもらえます。内容は以下の通り。

ERC20➡30日に40%
APO➡10日に+15%(ICO段階1)。
1ETH=4,200APO➡10日に+10%(ICO段階2)。
ハードキャップ 30,000ETH➡10日に+5%(ICO段階3)。
ソフトキャップ 3,000ETH➡180日(ICO段階4)。

取引所比較
仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に空きたらまず登録したい取引所で。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買と本当に仮想通貨を楽しみたい人向きです。 公式ページ