FISCO仮想通貨取引所の新規登録/口座開設方法や二段階認証を解説!

2016年に設立されたFISCOは、誕生から2年ほどなので企業としてはまだまだ若い!しかし、金融庁からもきちんと認可されている実績や安定性などから、安心した取り引きができると評判です。ただ、まだ扱っているコインの数は3種類+トークン3種類と若干すくなめなのがちょっと悲しい(日本は縛りがきつくなってきたので、なかなか簡単に増やせませんので)。
しかし、「コールドウォレット」「マルチシグネチャウォレット」で管理・保管し、二段階認証も可能なので、セキュリティ面ではバッチリです。今回はそんなFISCOの登録方法について分かりやすく解説します。

-FISCO仮想通貨取引所の新規登録方法-

日本国内の取引所なのであまりくどくどと説明する必要はないと思いますが、一応説明させていただきます。下記の画像がトップページです。ここから始めます。

公式ページはこちらから

「無料登録はコチラ」をクリックしましょう!

➀メルアドを入力。アドレスの使い回しは危険ですので、新しいものを作って登録するほうが良いでしょう。
➁しょっちゅう聞かれる「私はロボットでは~」に✔マークを入れる。
➂「登録」をクリックして次へ。

自分の受信ボックスへメールを送りましたよと表示されるので、急いでEmailを確認しに行きましょう!

上記画像のURL部分をクリック。次の段階へ進みます。

➀パスワードの入力。他社さんで登録しているものと同じパスワードを使うのは止めておいたほうがいいでしょう。新しく複雑なものを作成することをお勧めします。
➁確認のためにパスワードを再入力。
➂「同意して登録」をクリックして次へ。

上記画面が表示されるので、「本人確認手続きを開始」をクリック。下記画像を参照しつつ、項目に入力をお願いいたします(STEP1~4まであります)。

➀フルネームを入力。
➁フルネームを片仮名で入力。
➂生年月日を入力またはカレンダーから選択(YYYY-MM-DD形式とは生年月日を8桁の数字で表すこと「19990909」など)。
➃郵便番号を入力。
➄国名を選択(日本国)。
➅住所を❝全て❞入力(一気に住所を入力するのは珍しい。一般的には「都道府県」「市区町村」~と入力することが多いです)。
➆電話番号を入力(一番多く使っている連絡が取りやすい番号を入力しましょう)。
※ご希望の言語は最初から日本語になっています。英語で慣れている方などは英語でどうぞ)。
➇職業の選択。会社役員から医者、パート/アルバイト、専業主婦(主夫)、無職、その他と色々と選べます。当てはまるものが無い場合はその他を選択してください)。
➈取り引き目的を選択。
➉外国PEPsを選択してください(多くの方がほぼ無関係でしょう。私はもちろんいつも「いいえ」を選択しています)。
⑪「次へ」をクリックして下記画像をご覧ください。

ユーザー情報を入力して「STEP4」まで来たら、本人確認書類のアップロードです。一番便利なのはやはり「運転免許証」ですが、免許をお持ちでない方もいらっしゃるので、その場合はマイナンバーがお勧めです(もちろん公共料金の支払い書などでも可能です)。

これで一応完了なのですが、FISCOからの登録完了のメールをもってして終了なので、ちょっとお待ちいただくことになります。

-FISCO仮想通貨取引所の二段階認証方法-

さて、コインを死守するために絶対にしておかなければいけない二段階認証の設定方法にいきましょう!まずはアカウントから!

上記画面の「アカウントとセキュリティ」をクリック。

「本人確認~」「入出金と履歴」などが書いてあるページに移動し、上記の「2段階認証(2FA)」をクリック

上記画面の一番下「2段階認証の設定を開始」をクリック。

➀QRコードをスキャン。
➁「クリックしてキーを表示」をポチッとした後、右側に秘密鍵が表示されます(絶対に第三者に見られないよう、安全な場所に保管してください)。
➂スマホに送信されてきた6桁の数字を入力。
➃「確認」をクリックすれば二段階認証の設定は完了です。その他「秘密の質問の答え」も設定をしておくと、万が一パスワードを紛失してしまった時の保険になりますから、設定しておいたほうが良いでしょう。

仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に空きたらまず登録したい取引所で。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買と本当に仮想通貨を楽しみたい人向きです。 公式ページ