会社名 設立 資本金 仮想通貨交換業者
Coinsuper(コインスーパー) 2018年2月 不明

仮想通貨取引所「Coinsuper(コインスーパー)」の評価や評判や仮想通貨の取扱銘柄、手数料などを説明しています(Coinsuper Fintechが運営)。

信 用 度 4.0
評 価 3.5
仮想通貨取引手数料 USDT/USDのみ0.50%(その他一律0.20%)
銀行の入出金手数料 銀行などにより異なる

Coinsuper(コインスーパー)取扱い銘柄・買える購入可能コイン!

仮想通貨案内人
香港を拠点に活躍しているCoinsuper(コインスーパー)は、2018年2月に設立された新進気鋭の取引所です。取り扱いしているコインは47種類以上通貨ペアは70種類以上とかなり豊富です(残念ですが日本円(JPY)には対応していないので、ETHなどを購入し送金しないと取り引きはできません)。
主要銘柄コイン:

LTC(ライトコイン)、OMG(オミセゴー)、DASH(匿名で有名なダッシュ)、XRP(リップル)、XEM(ネム)、EOS(イオス)、ETH(イーサ)、ETC(イーサクラシック)、BTC(ビットコイン)など40種類以上。

独自トークン:

CEN

Coinsuper(コインスーパー)の評価や評判は?

仮想通貨案内人

名前だけ聞くと「◯◯スーパーマーケット」のように、スーパーマーケット感があるイメージのCoinsuper(以下コインスーパー)ですね(笑)。設立されて1年未満のできたてホヤホヤの取引所ですが、意外にも取り扱いコインも47種類となかなか多く、通貨ペアも70種類以上と豊富。設立後1年未満なのに、この種類の多さは凄いものがあります。

非常に人気が高いのが、独自トークンのCEN。他の取引所の独自トークン同様、手数料の還元を行っていますが、コインスーパーでは手数料の100%をCENで還元しています。他社でも100%というのはないですね。また、100CENを保持していれば、1日の取引手数料の80%が毎日分配されるのもありがたい。
投資するにあたって一番肝心なのがセキュリティー問題。これがしっかりしていないところでは取り引きできません。コインスーパーではセキュリティ面にかなり重きを置いており、マルチシグやコールドウォレットでの管理を採用しているので、かなり安心・安全面は高いと考えられます。当然のことながら2段階認証もできるので、かなり安心度も高くなります。
コインスーパーのちょっと残念なところは、日本語非対応なこと。まぁ、中国も日本より他国に目を向けているかもしれないので仕方がないかもしれませんが、近隣国なので日本語に対応してくれるとありがたいです(英語、中国語、韓国語対応)。ですので、英語が分かれば一番良いのですが、難しいのであればGoogle翻訳でなんとなく分かるので、それで対応するのが良いですね。

最後になりますが、スマホアプリをAndroidやiOSでインストールして使うこともできます(直接公式サイトからダウンロードするのではありません)。

仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に飽きたらまず登録したい取引所です。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買が可能で初心者でも分かりやすい海外仮想通貨取引所です。 公式ページ