会社名 設立 資本金 仮想通貨交換業者
YoBit(ヨービット) 2014年 不明

仮想通貨取引所「YoBit(ヨービット)」の評価や評判や仮想通貨の取扱銘柄、手数料などを説明しています。

信 用 度 2.5
評 価 2.5
仮想通貨取引手数料 入金方法により異なる(無料の場合もあり)
銀行の入出金手数料 出金手数料0.0005

YoBit(ヨービット)取扱い銘柄・買える購入可能コイン!

仮想通貨案内人
YoBit(ヨービット)の取り扱い銘柄は主要コインだけでなく、名前すら聞いたことがないようなマイナーなアルトコインも扱っているのが特長。実際に取り扱っている通貨は1,000種類を超えると言われています。
主要銘柄コイン:

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ダッシュ(DASH)、ドージコイン(DOGE)、リスク(LSK)、ウェーブス(WAVES)、ライトコイン(LTC)、ネム(XEM)、トロン(TRX)他多数。

YoBit(ヨービット)の評価や評判は?

仮想通貨案内人

2014年にロシアで誕生したYoBit(ヨービット)は、運営元は不明な謎だらけの取引所です。それでも結構人気が高く認知度も上がってきているのは、取り扱い通貨が多かったりユニークな試みが多いため、徐々にファンが増えてきたのだと考えられます。また、マイナーなコインを多数扱っているので、一攫千金を狙う投資家からの評価も良いようです。

ヨービットの面白い試みの一つとして「フリーコイン」というものがあります。単純にタダでコインをもらえるというものです。もしかしたら値上がりするかも?というものや消えて無くなってしまうようなものが殆どですが、ビットコインなどもたま~にあるようです(笑)。

「Free Coins」をクリック。

「Get Free Coins」という青いボタンが出るのでクリックしてください(緑のボタンは寄付です)。

➂再度「Free Coins」をクリック。

これで完了ですので、再び「Free Coins」をクリックすると、左上の保有数が変わります。このシステムは夢があるので楽しめますね。

さらに、ダイスゲームがあり、0~100までの数字で48より小さいか、52より大きいかの2択でBETします。当たったら賭けたコインが2倍、負ければ賭けたものがゼロになります(49~51が出た場合は、強制的に負けてしまいます)。面白いのですが、ちょっとギャンブル性が高いようにも思えるのであまりお勧めしません。
併せて自分が保有している通貨を貸し出す「レンディングサービス」も行っていますが、上記のダイスゲームを5回しないといけないようです・・・ちょっと考えもんですね。

デメリットではありませんが、残念なのが日本語非対応なところ。もちろんロシア語、英語は対応しています。ある程度英語に明るく他の海外仮想通貨取引所で経験を積んでいるのであれば、何となく勘で分かると思います。英語に堪能でなくともやってみたいというのであれば、翻訳機能を駆使してするしかありません。

また、日本円での入金も当然ながらできません(日本語非対応ですし・・・)。海外の取引所で日本円対応をしていないところでは、日本の取引所でBTCを購入してから海外の取引所へBTCを入金することで、色々なアルトコインなどとトレードできるようになります。ヨービットで楽しむ場合は、今のところそれしかありません。

セキュリティー面に関してですが、こちらもいまいち分からないようになっています。通貨の管理が「コールドウォレット」なのか「ホットウォレット」なのかすら分かりません。ただ「2段階認証ログイン」はあるので、必ずやっておきましょう。

仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に空きたらまず登録したい取引所で。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買と本当に仮想通貨を楽しみたい人向きです。 公式ページ