会社名 設立 資本金 仮想通貨交換業者
Bitstamp(ビットスタンプ) 2011年 不明

仮想通貨取引所「Bitstamp(ビットスタンプ)」の評価や評判や仮想通貨の取扱銘柄、手数料などを説明しています。Bitstamp(ビットスタンプ)はBitstamp Limitedが運営しています。

信 用 度 4.5
評 価 3.0
仮想通貨取引手数料 0.1~0.25%
銀行の入出金手数料 各銀行等により異なる

Bitstamp(ビットスタンプ)取扱い銘柄・買える購入可能コイン!

仮想通貨案内人
2011年にイギリスで創業したBitstamp(ビットスタンプ)は、仮想通貨業界では老舗と言っても良いほどの取引所です。取り扱っている通貨は現在のところ以下の5種類。
※2018年3月24日ビットスタンプを韓国投資家が4億ドルで買収することが決まったそうなので、これからの取扱銘柄や取引所としての方向性などは一切不明です。
主要銘柄コイン:

ビットコイン(BTC)、~キャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、イーサ(ETH)、リップル(XRP)。

Bitstamp(ビットスタンプ)の評価や評判は?

仮想通貨案内人

歴史ある取引所のBitstamp(ビットスタンプ)ですが、前述したように買収されることが大筋で決まったそうです。韓国は仮想通貨への規制強化を積極的にしてきているので、これから先の動向が気になるところです。

遠いイギリスというだけが理由ではありませんが、日本人で利用している方はさほど多くないビットスタンプ。ただし、ヨーロッパ圏のクライアントが非常に多いため、欧州の投資家は戦々恐々としているのではないかと思います。

また、韓国は仮想通貨の規制が厳しくなってきているため、ビットスタンプの買収劇が吉と出るか凶と出るかは分かりません。じっくり動向を見守って、良い方向に向かうのを祈るばかりです。

—————————————————————————————————————————-

メリットというかどうかはさておき、ビットスタンプではクレジットカード(VISA、MasterCard)でビットコインを購入することができるんです。これは結構便利かもしれません。日本からでも購入できてしまいますからね!

ちょっとマイナスポイントなんですが、こちらでは「ビットコインを他の仮想通貨で購入することができない」のがデメリットと言えます。BTCで「ETH」や「XRP」「LTC」を買えても、その逆はなし。ドルかユーロに交換して買うしかできません。もちろん「日本円」も無理です。

というような感じですが、今回の買収によりシステムも変わる可能性があります。

仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に空きたらまず登録したい取引所で。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買と本当に仮想通貨を楽しみたい人向きです。 公式ページ