会社名 設立 資本金 仮想通貨交換業者
Bibox(ビボックス) 2017年12月 不明

仮想通貨取引所「Bibox(ビボックス)」の評価や評判や仮想通貨の取扱銘柄、手数料などを説明しています。

信 用 度 4.0
評 価 4.0
仮想通貨取引手数料 0.05~0.1%
銀行の入出金手数料 不明

Bibox(ビボックス)取扱い銘柄・買える購入可能コイン!

仮想通貨案内人
Bibox(ビボックス)が取り扱っている通貨は約55種類。できたてホヤホヤの新興の取引所ですが、相当な数のコインを取り扱っているのがとても魅力的。メジャーなコインからマイナーな草コインまで幅広くカバーしています。
主要銘柄コイン:

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、イオス(EOS)、クアンタム(QTUM)、ネオ(NEO)、ダッシュ(DASH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ハイパフォーマンスブロックチェーンコイン(HPB)他55種類。

独自のコイン(トークン):

ビボックストークン(BIX)。

Bibox(ビボックス)の評価や評判は?

仮想通貨案内人

2017年に誕生したBibox(ビボックス)は、オープンから数ヵ月で取引高が世界15位前後にランキングされるほど勢いがあります。「バイナンスそっくり」と言われるほど操作画面が似ており、バイナンスのいいとこ取りをしているような印象を受けます。運営元が中国系のOKcoinやHuobiのメンバーが入っているので、当然かもしれません。

似ているのは画面だけでなくバイナンスが独自に発行している「BNBトークン」と同様、ビボックスも「BIXトークン」を発行しており、BIXトークンを使うと手数料が半額になるのもそっくりです(0.05%まで下がります)。

気になるセキュリティー面に関してですが、コールドウォレットを採用しているので、ハッキング被害はほぼ避けられると言っても良いと思われます。また、「2段階認証」や「出金時パスワード」(Funds Password)の設定ができるので、登録する場合には必ずしておきましょう!

オープンしたてで一気にユーザー登録されたため、サーバーが維持できない状態がたまにあるようです。ただ、そういったものも想定の範囲内かもしれないので、早々に解決されるのではないかと考えられます。また、現在英語をはじめ5ヵ国語に対応していますが、日本語には対応していません。

仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に空きたらまず登録したい取引所で。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買と本当に仮想通貨を楽しみたい人向きです。 公式ページ