会社名 設立 資本金 仮想通貨交換業者
ShapeShift(シェイプシフト) 2014年8月1日 不明

仮想通貨取引所「ShapeShift(シェイプシフト)」の評価や評判や仮想通貨の取扱銘柄、手数料などを説明しています。ShapeShift(シェイプシフト)はShapeShift AGが運営しています。

信 用 度 4.0
評 価 4.0
仮想通貨取引手数料 0%

ShapeShift(シェイプシフト)取扱い銘柄・買える購入可能コイン!

仮想通貨案内人
ShapeShift(シェイプシフト)は仮想通貨取引所ではなく「両替所」で、現在69種類のコインを扱っています。メジャーの通貨のほとんどに対応していると言っても過言ではありません。
主要銘柄コイン:

ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサ(ETH)、、ドージコイン(DOGE)、リップル(XRP)、ジーキャッシュ(ZEC)、イオス(EOS)、モネロ(XMR)、ダッシュ(DASH)、イーサクラシック(ETC)、クアンタム(QTUM)他多数。

ShapeShift(シェイプシフト)の評価や評判は?

仮想通貨案内人

シェイプシフトの一番の魅力を挙げるならば「手数料がゼロ%」ということに尽きるでしょう!ではどうやって利益を得ているのかというと、スプレッドで利益を生み出しているのです(スプレッドとは買値と売値の差のこと)。とにかく手数料がかからないというのはありがたいものです。

また、シェイプシフトのもう一つの魅力と言えば、扱っているどの通貨の組み合わせでも両替できるのが非常に好評です。そして、介在する業者が少なく煩わしい手続きがほとんど無いため、スピーディーな両替ができるようになっています。ただし、「両替所」であるため、送金やウォレット機能がありません。また、法定通貨に替えることもできませんので注意が必要です。あくまでも仮想通貨同士で両替できるということを忘れないようにしてください。

メリットでもありデメリットでもあるのが、匿名性が高いということ。アカウントの登録が不要なので、個人情報などの煩わしい手続きがいらないのはメリットと言えるでしょう。しかし、匿名性が高いということは、犯罪組織がマネーロンダリングで使う可能性があるので、デメリットにもなります。また、以前ハッキングの被害にも遭っているので、セキュリティー面での不安があるのは否めません。

最後になりますが、言語は英語をはじめ13ヵ国語に対応しているので、日本人でも分かりやすいです。シェイプシフトのトップ画面の右上の「English」にマウスを合わせると、日本語に設定できます。

取引所比較
仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に空きたらまず登録したい取引所で。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買と本当に仮想通貨を楽しみたい人向きです。 公式ページ