密かに注目されているアルトコイン「POA Network!」何やら面白いマークのロゴで秘密結社を思わせます。こちらのコインはどういったコインなのでしょう。上場している取引所も紹介しています。

POA Network(ポアネットワーク)とは?将来性は

2018年2月から公開され発行数は2.5億枚、日本名はポアネットワークです。POA Networkは、スマートな契約のためのオープンソースフレームワークを提供するEthereumベースのプラットフォームです。このpoanetworkは承認に高いセキュリティとスピードを誇っている。イーサリアムなどは資産があれば誰でも承認作業ができる反面犯罪につながりやすいセキュリティになっている。

poanetworkでは身元がわかる人が承認を行っており尚且交互に承認していくため資産があれば承認ができるわけではない。要は犯罪に使われにくいようになっている。

仮想通貨はどうしても犯罪に使われてしまう傾向がありますがこのアルトコインであれば犯罪歴のあるものは承認作業ができませんので将来性としては逆に広まって欲しいものでもあります。またこの目のマークが気になりますね。

POA Network(ポアネットワーク)の上場取引所はどこ?

POA Network(ポアネットワーク)は取引所の中でも最大手中の最大手「Binance(バイナンス)に上場しています。

POA Networkが上場取引所
BINANCE(バイナンス)
Bibox
Ethfinex
Tidex

POA Network(ポアネットワーク)評判と評価!

上場前のプレセールは凄まじい勢いで完売しています。大げさですが開始1分で完売されたという。このdAppsプラットフォームでEthereumベースのネットワーク上でトークンやクラウドセールキャンペーンを作成するツールを自由に使用できるようになればこのコインの価値が上がっていくでしょう。この都市伝説にもあるようなロゴマークもこのコインが上がる評判にもなりそうですね。

取引手数料・入出金無料!仮想通貨のレバレッジ取引が可能! DMM Bitcoin