QUOINEXからリブランディングしたLiquid by Quoine(略称:リキッド)は、アジア圏では規模が大きい取引所として名高いですよね!また、ICO時に124億円調達したQASHの取り引きができることでも有名。今回はリキッドの登録方法について、分かりやすく解説します。

 

Liquidに個人情報の入力

トップページの右上、もしくは左下の「新規登録はこちらから」をクリックしてはじめてください。

 

数秒この画面になって、心臓の鼓動のように画像中央部分がドクンドクンと動いています。

しばらくすると上記画面が表示されるので、「次へ」をクリックしてください。

 

➀受信したいメールアドレスを入力します。
➁パスワードを入力します。8文字以上で、英語の大小文字、数字を含めて入力し、忘れないように保管してください。
➂日本以外に居住地が無いことを確約するために、✔マークを入れてください。
➃ココにも✔マークを入れてください(アメリカに納税義務がある方は、個人口座の登録ができません)。

➄姓名を入力します。
➅カタカナで姓名を入力します。
➆生年月日を選択します。
➇男性、女性の性別を選択します。
➈国籍を選択。
➉外国の要人、公人、またはその親族でなければ✔マークを入れてください。

⑪郵便番号を入力します。
⑫都道府県を入力します。
⑬市区町村を入力します。
⑭番地を入力します。
⑮建物名・マンション名、部屋番号などを入力します。
⑯電話番号を入力します(携帯電話、家電どちらでも可)。
⑰職業を選択します(学生、アルバイト、自営、派遣など)。

 

 

⑱主な収入源を選択します(給与所得や事業所得、所得なしなどから)。
⑲年収を選択します(30万円未満から1億円以上まで)。
⑳投資可能な資産を選択します(30万円未満から1億円以上まで)。
㉑投資目的を入力します。
㉒投資経験を選択します(1年未満から5年以上まで。どれも未経験の場合は1年未満を選択してください)。
㉓「次へ」をクリックします。

この次の画面で利用規約にチェックを入れて完了。これにて仮登録が完了しました。

 

Liquidの仮登録スタート

一番最初のほうで入力した受信メールボックスを開いてみてください。以下のメールが届いていれば大丈夫です。届いていない場合は、迷惑メールフォルダに振り分けられていないかどうかを確認しましょう。

上記画像の「Confirm my account」をクリックしてください。ログイン画面でメルアドとパスワードを入力して、ログインできればOKです。

 

Liquidで2段階認証の設定

 

仮想通貨の取り引きに慣れている方であれば、既にGoogle Authe~をインストールされていると思います。無い場合は事前にスマホにインストールして、起動させておきましょう。

上記画像の「2段階認証を有効にする」(2FA)をクリックしてください。

➀スマホでQRコードを読み込む。
➁読み込み後、表示された6ケタの数字を入力してください。
➂「2段階認証を有効にする」をクリックすれば、2FAは完了です。
※万が一QRコードをスキャンできなかった場合は、センター左側に表示されている数字を入力してください。

 

日本の金融庁の規制が厳しいため、どの取引所もなかなか種類を増やせません。LiquidもQASHを含めて5種類しか扱っていませんが、これから増えてくると思います。色々と新しい試みも行っているので、登録しておいて損はない取引所だと思います。

Liquid by Quoineの公式ページはこちらから

仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に飽きたらまず登録したい取引所です。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買が可能で初心者でも分かりやすい海外仮想通貨取引所です。 公式ページ