仮想通貨のメタバース系として注目されているアルトコインです。

エバードームはサンドボックス等と異なりキャラクターもそうですが非常にリアリズムを追求した仮想空間を体験できます。ホワイトペーパーではVRゴーグルを撮った瞬間それが現実なのかエバードーム内なのかわからないぐらいリアルであると記載されています。空間内では土地の購入や賃貸、広告、会議、ゲーム、医療相談、デート、ファッション等あらゆる可能性を秘めています。

仮想通貨に関しては既にいくつかの取引所に上場しているので後術説明します。土地に関しては2022年第一四半期に不動産市場プラットフォームv1(最初の土地売却)が始まりますので動きがありましたら追って追記します。

創業者:ロバート・グリン(Codewise元CEO)
ロバートグリンはコードワイズというヨーロッパで2番目に急拡大している企業の元ceoです。またエバードームのスタッフは著名な複数の技術ディレクターやデザイナーで構成されています。

公式・SNSなど

公式ページHP:https://everdome.io/team
Twitter:https://t.me/everdome
テレグラム:https://t.me/everdome_io_news
インスタグラム:https://www.instagram.com/everdome.ig/
linkedin

 

最新!仮想通貨エバードーム(EVERDOME)の取引所一覧(2022年更新)

徐々にいろいろな取引所に上場しています。最初はこの中ではBKEXが知名度もあり利用している人が多かったですが現在は日本ユーザーが多いBybitが人気でしょう。最新のエバードームの取引所一覧はこちらです。

Bybit(2022年3月5日上場)BKEX

OKX(2022年2月8日)

PancakeSwap (パンケーキスワップ)

DODO (BSC)

MDEX(BSC)

DODO (BSC)

Hotcoin Global

Gate.io

パンケーキスワップはメタマスク等を利用しますので初心者には難易度が高めなのでおすすめはしていません。取引所として国内ユーザーに信用度が高いのはバイビットやOKEXでしょう。

バイビットは将来的にバイナンスのような取引所になる可能性が高いと言われており多くのインフルエンサーから評価を得ています。バイナンスコインのようなBybitの基軸通貨BitDAO(BIT)もこちらの取引所で購入できます。

 

Bybitでエバードーム(EVERDOME)を購入するまでの流れ

エバードームを購入するにはまず日本の取引所から海外のバイビットへ送金する必要があります。

少し面倒ですが国内で取引できるのはまだまだ先の話になりそうなのでこの方法で購入した方が良いでしょう。

一番お得な方法で解説して行きます。

国内の取引所で一番安いのはビットバンクだと思います。ビットフライヤーやGMOなど有名な会社がありますが手数料が少し高めです。コインチェックも若干安いイメージがありますが意外と諸々計算すると安いわけではないです。知っている人はビットバンクでの取引を行う方が多いかと思います。

流れは以下の通りです。

日本の取引所を開設→ビットコインを購入→バイビットへビットコインを送金→バイビットでDOME購入

となります。ビットバンクでのBTC購入方法はこちらです。

バイビットでの購入方法は少しわかりづらいのでこちらに記載しておきます。

 

(BTCを入金する方法)

バイビットへまずBTCを入金する方法から説明して行きます。

Bybit公式ページ

まずエバードームは

・現物アカウントに移動しなければいけない。

・USDT建てでしか購入できない

という2点を抑えておきましょう。

1.現物アカウントのBTC「入金」をクリックします。このページは上段右側の「資産」⇒現物アカウントで辿りつきます

2.現物アカウントへBTCを入金しても一旦デリバティブアカウントに移動してしまいますと記載されています。確認をクリックします。

3.ここでBTCの入金アドレスが出てきます。ビットバンクなどで送金する際はこのアドレスを記載してください。右側の赤い□をクリックするとコピーができます。

送金が出来たらデリバティブアカウントで入金額を確認してみましょう。

4.冒頭で説明したようにUSDT建てにするという事現物アカウントへ移動という作業をする必要があります。

 

(BTCをUSDT建にする方法)

1.順序はどちらでも良いのですがまずUSDTへの交換作業から説明します。デリバティブアカウントのBTC右側「交換」をクリックします。

2.次の画面で振込先をUSDTにし、数量を決めます。数量はすべての所に赤印が付いていますが細かい数字も入力できますのでお好みの金額を記載してください。最後に「交換」をクリックすればUSDTに交換ができます。

 

(デリバティブアカウントから現物アカウントへ移動する方法)

1.次は現物アカウントへの移動です。同じくデリバティブアカウントの右側「振り替える」のボタンをクリックします。

2.数量の横の「すべて」をクリックし現物アカウントへ移動します。振込先が現物アカウントになっていることを確認し数量を決め「確定」で現物アカウントへ移動します。

 

(エバードーム(EVERDOME)の購入方法)

1.エバードームの購入は簡単です。上段のトレードからUSDTを指定し右の検索窓にDOMEと入力すればDOME/USDTが表示されます。一覧で探してももちろん大丈夫です。

2.取引方法は右側から可能です。緑の「買い」になっていることを確認し注文価格を入力し数量入れて「DOMEを買う」をクリックしましょう。

 

エバードーム(EVERDOME)の土地を購入する方法

土地販売1回目の時期は日本時間2022年3月31日19時から内容について発表がありました。

12,000区画の販売で本部を入れた土地面積は1,574,052㎡となります。1区画は100㎡となります。

1DOME:6地区の作りになっています。

中心に本部と言うものがありますがこれは運営者の土地だと思います。

2回目は2022年第2四半期とされています。

土地を購入することによりそこで自分の商品を広告したり購入した自分の物件を人に貸したり実世界の土地を購入した場合と同じような使い方、インカムゲインが想定できます。

今回の発表したエバードーム画像はこちらとなります。

 

エバードーム(EVERDOME)ステーキング準備

エバードームのステーキングの金利は0.8%なのでかなりの利益になります。100万預けていると1年で180万円になるという事ですね。(2022年の3月時点)

これはステーキングする人が多ければ金利は下がってきますので一定ではありません。早くステーキングしている方はそれだけ先行者利益をもらえるというわけですね。

やり方の手順はメタマスクを使用します。

メタマスクは拡張機能なのでブラウザの右上の「三」をクリックし拡張機能追加で「MetaMask」を検索して追加してください。

これはウォレットなので取引所からこのメタマスクというものに送金してエバードームの公式ページ「https://everdome.io/staking」からステーキングするという流れになります。

 

1.メタマスクの拡張機能を追加したらEVERDOMEのトークンをメタマスクに追加します。トークン追加はコントラクトキーのアドレスを知る必要がありますのでコインマーケットキャップの情報から入手しましょう。

EVERDOMEコントラクトキー:0x475bfaa1848591ae0e6ab69600f48d828f61a80e

※変わる事がるのかはわかりませんが追加する際は一応こちらからコピーした方が良いかもしれません。

2.メタマスク(MetaMask)をロック解除し最初の画面の下に「トークンをインポート」とありますのでそちらをクリックしてください。

3.先程のコントラクトアドレスを入力します。そうするとトークンシンボルとトークンの10進数が自動で入力されます。最後に「カスタムトークンを追加」をクリックします。

4.これでDOMEが表示されているのがわかります。最後に「トークンをインポート」で完了です。DOMEのトークンが追加されました。

Bybitからメタマスク(MetaMask)への送金方法

1.先ずバイビットへ行き上段「資産」⇒「現物アカウント」⇒下のDOMEの「出金」の文字をクリックしてください。

 

2.するとこのような画面となります。まだウォレットアドレスを追加していないので追加作業から始めます。

3.右のほうに「追加」というボタンがあります。そちらをクリックします。

 

4.コインという場所の名前は「DOME]を指定。

アドレスはメタマスクのアドレスを入力してください。※メタマスクのEverDOMEの送付アドレスの調べ方はこちら

アドレス名は自分が後で管理しやすい適当な名前を付ければOKです。最後に確定を押せば追加されます。本人確認でGoogle認証コードも聞かれますので入力しましょう。

 

5.ちなみに追加したらこのように出ます。

6.先程の出金画面に戻ります。画像のように先程作ったウォレットアドレスを追加しDOMEの数量を指定し提出ボタンを押します。DOMEの数量は全部送るなら「すべて」をクリックすれば現在のbybitに入っている全DOMEが表示されます。

7.本人確認はメールとGoogle認証二つ確認なので厳重ですね。確認コードは「コードを取得」をクリックすると自分のメールに番号が送られてくる仕組みです。60秒以内にグーグル認証コードも入れないといけないので少し急ぎで行いましょう。時間をオーバーしてしまったらまたコードを取得を押せばやり直しする事ができます。

これで完了です。ちゃんと送金できたかメタマスクを確認しましょう。結構早いので5~10分程度で送金できているという感覚です。もちろん数量が多い場合は多少時間が掛かるかと思います。

 

メタマスクのEverDOME送付アドレスの調べ方

 

ちなみにメタマスクの「送付先アドレス」を知る方法は拡張機能のこの画面を出しAccount1の下にoxから始まる字をコピーするだけで良いのですが心配な人は下のDOMEの右をクリックして次の画面へ行きます。

その開いたページの右上の縦に三つ点がある場所をクリック。

次に「アカウントの詳細」をクリックすればQRコードと下にその送り先アドレスが出てきます。ここをコピーすればOKです。

5.では早速コインを送付してみましょう。

 

早速公式ページでエバードーム(EVERDOME)ステーキング

では用意ができたところでステーキングを始めましょう。

まず公式ページに行きましょう。こちらがステーキングをするページです。

1.下にメタマスクのボタンがあります。こちらをクリックしてください。

 

2.右上にMETAMASKの小窓が出てきます。パスワードを入れて「ロック解除」しましょう。

3.するとこちらのサイトに自動で連動します。最初は「許可しますか」などの画面になるかと思いますが「次へ」や「接続」などを押せばこの画面になります。矢印の「Stake」のボタンを押します。

4.WEEKとはステーキングする期間です。ステーキングすると動かせなくなるのでマックスでステーキングする人がいますがリスクを考えた上で設定しましょう。

LOCKamountはどのくらいのDOME数量をステーキングするかですがこれも設定できます。長く行うdomeと短い設定のDOMEと分けても良いですね。

最後に「Stake」をクリックして完了です。

5.メタマスクの画面が右の方へ表示されます。「アクセスを許可」をクリック。

6.提案された承認限度額は先程入力したDOMEの数量ですがそれで良ければそのまま「保存」をクリックしてください。

次の画面で「資金が不十分です」とトランザクション手数料が足りないと表示される場合があります。実は送金するのにBNB等のガス代という手数料がいります。これが出る場合は取引所からDOMEをメタマスクに送ったようにBNBをこちらのメタマスクに送金する必要があります。非常に少額でも大丈夫なので0.01BNB程送っておきましょう。

7.これでよければ「確認」を押します。

8.エバードームの公式ページでも完了しましたと英語で出ますがメタマスクの方でもこのような画面が出てきて確認できます。

9.これは✖で消してステーキングページのDeposits & Rewards(デポジットとリワード)で確認ができます。

選択したロック期間が終了すると、最初のトークンの100%をウォレットに送り返すことができます。あなたの報酬は毎日計算され、追加されます。請求された報酬は、請求日から12か月の権利確定期間にもらえます。
次の日に見たらこんな画面になっています。
この印が付いているのが利回りとなります。入れている額が5万位なのと期間が短いので1日069ドル程度でした。
仮想通貨広告
国内取引所 おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で当サイトがお勧めなのがビットフライヤー!資本金41億以上のしっかりとした企業なので初めて仮想通貨を始める人はこの取引所おすすめ。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に飽きたらまず登録したい取引所です。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買が可能で初心者でも分かりやすい海外仮想通貨取引所です。 公式ページ