仮想通貨の情報を調べていると、よく「ICO」という言葉が出てくると思います。投資をする際に知っているのと知らないのでは大違いの「ICO」について、分かりやすく解説します。

 

仮想通貨のICOとは?

 

「イニシャル・コイン・オファリング」のことを略して「ICO」と呼んでいます。簡単に説明すると「新しい仮想通貨を立ち上げる際の資金調達手段」と言えば分かりやすいでしょうか?(別名:トークンオークション、プリセール、トークンセール等とも言います)。
企業が新しいプロジェクトを行なう際に協賛金(金銭やその他の援助など)を集めるのと同様、企業が独自の仮想通貨を発行する時にも当然ながら資金が必要になります。そこでICOを行い投資家から「トークン」や「コイン」を購入してもらうことで資金の調達を行います(基本的には対価は支払われません)。

 

仮想通貨のICOは安全か?

 

数千種類あると言われている仮想通貨ですが、信頼できるものはごくごく一部しかありません。ICOをしてはすぐに消えゆく詐欺コインまがいのものがほとんどと言ってもいいでしょう。胡散臭いところのICOに投資をしても騙されるのがオチです。

しかし、誰でも名前を知っている超一流企業が協賛していたり、銀行や証券会社などが協力、提携などをしているとなると話は別物になります。企業はメリットがあるからこそ協賛や協力などを惜しみませんし、怪しいところに協力はしません(ごく稀に騙されるケースもあると思いますが)。ですので、ICOでトークンを購入したりする場合は「どういったところが協賛しているのか?」「信用できそうな企業が行なっているのか?」「活用されそうなコインなのか?」などの下調べをすることで、安全な投資に繋がります。

 

ICOでの投資する側のメリット

 

ICOに参加してトークンを購入した時に、特に配当などの対価が支払われる訳ではないのが株などと違うところです。しかし、安く購入したトークンが数倍、数十倍、下手をすれば100倍などというとんでもない価値にまで上がることもあるのが現在の仮想通貨業界。コインの価値が上がって売却すれば、利益は凄いものになります。実際、詐欺コインや草コインなどと疑われていたものが、とんでもなく値上がりしてお金持ちになった方もいるので、ICOを慎重に吟味して参加するとメリットがあると思います!

取引所比較
仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に空きたらまず登録したい取引所で。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買と本当に仮想通貨を楽しみたい人向きです。 公式ページ