勢いが止まらない仮想通貨業界は、今年も目が離せません。数あるアルトコインの中でもジリジリと伸びてきているリスク(LISK/LSK)ですが、どこで購入できるのでしょうか?今注目度の高いリスクについて、分かりやすく解説します。

 

リスク(LISK/LSK)とは?

 

名前だけ聞いてしまうと、何かのリスクがあるんじゃないかと疑ってしまわれそうなリスク(LISK/LSK)ですが、不幸せなほうの綴は「RISK」ですのでご安心ください(笑)。2016年に誕生してから2年ほどしか経っていませんが、2018年1月にビットフライヤーでも取り扱いを始めたりしているので、上昇していくと見てる人も多いようです(※通貨の単位は前述したように「LSK」で表示されます。また、発行枚数の上限はありません)。

 

リスク(LISK/LSK)はどこで買える?

 

現在リスクを購入できる国内販売所(取引所)はBitflyerただ一つで、アルトコイン販売所からの直接購入のみです(2018年1月31日から)。以前はコインチェックで購入することができましたが、不正送金によるNEM流出の件で現在は取り引き機能を停止しているので購入できません。
また両替サービスの「changelly」で購入することができます。数十種類の仮想通貨に対応しているので、LISKを購入することができます。そして、海外の取引所でも購入することはできますが、「英語が苦手」という方にはあまりお勧めしません(笑)。日本国内のビットフライヤーで買うとなんやかんやで高くなってしまいますが、一番安全な取り引きができると思いますよ。

リスクは今年2月20日にリブランディング(通貨名、プロジェクト名の変更)する旨を発表しています。ビットフライヤーでも取り扱うようになったこととリブランディングすることで、かなり大化けする可能性があります。

リスク購入取引所一覧!
Bitflyer(ビットフライヤー)
Bittrex(ビットトレックス/ビットレックス)
Poloniex(ポロニエックス)

 

リスク(LISK/LSK)の特徴は?

 

「サイドチェーン」と「ブロックチェーン」の2つを使うことで、匿名性を高くしつつ、デジタル情報を分散保存させ、安全性を高めることができると言われています。

DApps(非中央集権型のアプリ)なので、管理している組織などが無い。オープンソースで提供されており、アプリケーションの変更などがある場合は参加者の合意で行われます(公平性が高い)。

➂開発が頻繁に行われたりアップデートを繰り返していくことで、将来性がかなり期待できると思われます。

➃金融機関や仲介者がいないため、間にかかる無駄なコストがかからないのが非常に好評です。

 

 

【リスクに関する総括】知名度は低いが、期待度の高い仮想通貨です。しかし、発行量は年々増えていることからインフレ通貨と呼ばれることがあります。

[特徴]

リスクには発行上限が設けられていない・・・年々若干ではあるものの発行量は増加傾向にあるため、インフレ通貨という別名で言われることがあります。新しいブロックが生成される度に5LSKがブロックチェーンに追加される仕組みになっています。と同時に300万ブロック毎に報酬が1LSKずつ減少するため、1ブロックにつき1LSKまで減少する仕組みになっています。リスクの代表者である101人がネットワークの保護に努めていて、この活動を通じてインセンティブとしてのフォージング報酬を受け取っているのです。まさにこれがマイニングです。15年経過している中で、インフレ率は1.74%と予想されています。

スマートコントラクトを採り入れている・・・知名度からいいますと、イーサリアムのほうが断然高いのですが、リスクはサイドチェーンを採り入れていることがなんといっても特徴の一つであるといえます。リスクにおけるスマートコントラクトの流れは下図のようになります。承認というプロセスは不要で、全て自動で契約を承認する、いわば、自動契約機能付き台帳という仕組みになっています。

管理者が契約を事前に定義 イベント発生

★契約の実行

★価値の移転

決済
●契約がある限り、繰返し処理
●プログラムによって自動処理

サイドチェーンを採り入れたこと・・・ブロックチェーンの他に分散型アプリケーションDappsを準備して上でのサイドチェーンに対してプログラミングのためのコードを記入することで作動可の仕組みを築いていて、イーサリアムより優れているという評価が出ています。例えば、The Daoが何者かにハッキングされてイーサリアムを混乱させるという事件がありましたが、リスクにおいてはかような状況が起きたとしても開発者がコントロールして事態を収拾することができます。この点はリスクの大きなメリットを産み出しています。つまり、処理効率やサイドチェーンの性能を最大限高めていることがメリットの一つといえます。

webシステムでもよく利用されるJavaScriptを採り入れたこと・・・これはエンジニアが参画しやすくしている点が非常に大きいメリットを産み出しているといえます。

[リスクの将来性]マイクロソフトが投資に乗り出してきたこと、プラットフォームの開発は発展途上であることの2点によってリスクへの将来に期待を寄せているといえそう。

 

 

仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に空きたらまず登録したい取引所で。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買と本当に仮想通貨を楽しみたい人向きです。 公式ページ