勢いが止まらない仮想通貨業界は、今年も目が離せません。数あるアルトコインの中でもジリジリと伸びてきているリスク(LISK/LSK)ですが、どこで購入できるのでしょうか?今注目度の高いリスクについて、分かりやすく解説します。

 

リスク(LISK/LSK)とは?

 

名前だけ聞いてしまうと、何かのリスクがあるんじゃないかと疑ってしまわれそうなリスク(LISK/LSK)ですが、不幸せなほうの綴は「RISK」ですのでご安心ください(笑)。2016年に誕生してから2年ほどしか経っていませんが、2018年1月にビットフライヤーでも取り扱いを始めたりしているので、上昇していくと見てる人も多いようです(※通貨の単位は前述したように「LSK」で表示されます。また、発行枚数の上限はありません)。

 

リスク(LISK/LSK)の特長は?

 

「サイドチェーン」と「ブロックチェーン」の2つを使うことで、匿名性を高くしつつ、デジタル情報を分散保存させ、安全性を高めることができると言われています。

DApps(非中央集権型のアプリ)なので、管理している組織などが無い。オープンソースで提供されており、アプリケーションの変更などがある場合は参加者の合意で行われます(公平性が高い)。

➂開発が頻繁に行われたりアップデートを繰り返していくことで、将来性がかなり期待できると思われます。

➃金融機関や仲介者がいないため、間にかかる無駄なコストがかからないのが非常に好評です。

 

 

リスク(LISK/LSK)はどこで買える?

 

現在リスクを購入できる国内販売所(取引所)はBitflyerただ一つで、アルトコイン販売所からの直接購入のみです(2018年1月31日から)。以前はコインチェックで購入することができましたが、不正送金によるNEM流出の件で現在は取り引き機能を停止しているので購入できません。
また両替サービスの「changelly」で購入することができます。数十種類の仮想通貨に対応しているので、LISKを購入することができます。そして、海外の取引所でも購入することはできますが、「英語が苦手」という方にはあまりお勧めしません(笑)。日本国内のビットフライヤーで買うとなんやかんやで高くなってしまいますが、一番安全な取り引きができると思いますよ。

リスクは今年2月20日にリブランディング(通貨名、プロジェクト名の変更)する旨を発表しています。ビットフライヤーでも取り扱うようになったこととリブランディングすることで、かなり大化けする可能性があります。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で