⇒BNX60%引きで購入できるキャンペーン中!9月15日~22日までクーポンコード:812-206-729

ノアコイン取引所
⭐⭐⭐⭐⭐ノアコインは新コインに生まれ変わり名前はノアコインプラチナム(noah.platinum)となりました。名前がノアコインが以前上場していた2019年の最新取引所19社一覧と現在の上場取引所を紹介するとともにノアコインの最新情報などの概要や評価などについても解説しています。

価格がどのように変わってきたか価格推移や気になる配当内容までも解説しています。

仮想通貨「ノアプラチナム(旧ノアコイン)」について

2017年1月からプレセールがあり2018年の2月中旬に4期目を終了しました。また2018年3月6日には「ノアコインを買いたい」という要望が多いことから最終プレセールがありました。アジアでは比較的人気のコインです。ノアコインの評判は政府との誤解など賛否両論の声もありますが推奨している方で著名な人は多くいらっしゃいます。

もともとフィリピンの社会問題などが背景となっております。出稼ぎに行くフィリピン人は日本にも多くいるのでご存知だと思いますがその労働者は人口の10%を占めていると言われいます。

当然海外などに出稼ぎに行くのであれば海外送金などをする必要が出てきます。仮想通貨は海外送金の観点から言えば手数料など現物のお金の何倍も格安で送金できますので信用性のある仮想通貨に期待が高まっています。

またそういった観点から考えてもフィリピンが発展途上国ということもありかなりノアコインの価値の上昇が期待できるのではないかと考えている人も多いのではないでしょうか。ノアコインの上場前のプレセールは終わりましたので爆発的な上昇はないかもしれませんがICO案件のコインとしては今後の安定感に期待ができるコインではあります。

■会社名:NoahArk Technologies Limited
■時価総額:14.44億円
流通量:32,687,957,978NOAH
■総流通量:91,584,000,000NOAH
■ICO価格:0.7246円⇒2019年4月18日現在0.05円(約14分の1)

最新ノアプラチナム(旧ノアコイン)取引所をすべて網羅!上場取引所一覧2019年完全版

取引所一覧をこちらに記載しているが大幅に2019年9月から変更。新しいノアコインになったため2019年10月以降に取引できる取引所はBTCNEXTのみです。

7月ぐらいに皆さんが認知した取引所ですが実は2019年6月12日にはすでにオープンしていました。旧ノアコインを新ノアコインに交換がBTCNEXTという取引所内で行いますので登録が必要です。→BTCNEXT取引所について

ずっとBTCNEXT以外は上場しないという事はないと思うので上場をすでにしたことがある取引所も今後の参考で記載しておきます。

 

(旧ノアコインの上場取引所のすべて)

 

HITBTC(ヒットビーディーシー) 2018/3/12/上場(取引所)取引中止
Changelly(チェンジリー) 2018/4/27上場(両替所)
CoinSwitch(コインスイッチ) 2018/5/10(両替所)
ChangeNow(チェンジナウ) 2018/5/10(両替所)
livecoin(ライブコイン) 2018/5/18 上場(取引所)
mercattox(メルカトックス) 2018/5/18 上場(取引所)
BTC-alpha(ビットアルファ) 2018/5/18 上場(取引所)
DDEX(ディーディーイーエックス) 2018/5/18 上場(取引所)
TOKENJAR(トーケンジャー)
2018/5/22(取引所)メンテンナス中
YoBit(ヨ‐ビット)
2018/5/23上場 (取引所)
wazirx(ワジリックス?) 公式発表なし (インド取引所)
shiftex(シフトイーエックス) 2018/6/25 (両替所)
Soda Coin & Coinsoda Exchange 2018/8/16 (取引所)
CoinDCX 2018/10/8 (インド取引所)
Fcoin(エフコイン) 2018/10/17(中国)
ChainEx(チェーンエックス 2018/10/19(南アフリカ)
Raisex 2018/11/23(マルタ島取引所)
ChainEx 2018/12/4(エストニア取引所)
ATAIX 2018/12/4(エストニア取引所)
BTCNEXT 2019/6/12

ノア側は今回のこのような独自の取引所をオープンした理由は特にはっきりは言っていませんが以前HITBTCに価格操作を行われていた事を言及したことがあります。HITBTCに上場する条件としてノアコインを大量に所持保有させることになったのだがその後上がっても売られ上がっても売られを繰り返されたという。中々ノアコインの価値が上がらない理由の一つとして上げられた。この真意についてはそのままストレートに信じる必要はないがそれが本当であれば今回の上場はプラスに働く事にはなるとお思います。期待したいですね。

予想上場先取引所:

上記のようにこれほど多くの取引所に上場しているノアコインですが今後以降BTCNEXT以外は使えないという事ではないと思います。流通量が少なくなってしまいますからね。

今後予想される取引所は?

Houbi(フォビー)⇐日本人の規制が発表、日本語訳も無くなる

BINANCE(バイナンス)⇐Binance登録方法

Bittrex(ビットレックス)

日本での上場に関しては金融庁の問題もありますので結局の所、日本の取引所は今は難しいでしょう。数年後でしょうが上場先となれば値の大きな変動もあり楽しみです。Houbiは日本の取引所としても参入してきているので面白いことになりそうですね。

ノアプラチナム(旧ノアコイン)からの動向や発表年表!

6月12日はフィリピンの独立記念日にはじめての上場取引所を発表するそうでしたがHitBTC取引所の方からの逆オファーで早まりまして最初の上場取引所は2018年3月12日となったそうです。それから4月中旬から非常に多くの取引所に頻繁に上場して行くようになりました。

(ノアプラチナム・ノアコイン価格の推移)

(随時更新)
2018年3月12日:hitbtcという取引所に初めて上場 ICO価格の10倍程度を記録
2018年3月16日:総発行数2,160億枚のうち1244億1600万枚消滅させる ICO:7倍
2018年4月2日:ジャパンタイムスに掲載
2018年4月25日:上場会社ビートホールディングスリミテッドの株主になる
2018年4月27日:チェンジリーから始まり上記のような両替所・取引所に複数上場
2018年5月19日:NOAHチャンネル動画配信始まる
2018年5月23日:yobitに上場
2018年6月12日:フィリピンの独立記念日(noahウォレットAndroid版完成)/フィリピンの最大手PAY RIMIT社と業務提携でフィリピンの公共料金、健康保険をノアコインで決済することが可能となる。
2018年6月30日:ios版のノアウォレットリリース
2018年8月15日:決済代行会社Coinpayments(コインペイメンツ)で取扱開始
2018年8月29日
・ノアコインがフィリピンのカガヤン(CEZA)設立の取引所に基軸通貨として上場すると発表
2018年10月13日
◇ノアコインがメインスポンサーのWORDBLOCKCHANFESTVAL2018をさいたまスーパーアリーナで開催。マライアキャリーのライブが行われる。
発表内容:
・ODX提携(オープンデーターエクスチェンジ)
・独自ブロックチェーンを開発
・ノアコイン基軸通貨トークン発行決定
・大手取引所の上場最終段階であることを公式から発表
・ノアコインの日本のドラマ4月から撮影開始
2019年3月12日
・BSPの承認を受けた取引所上場決定
・CEZAのライセンス取得
2019年6月12日
・エストニア共和国で暗号通貨取引ライセンス取得
・取引所BTCNEXT正式オープン
・BTCNEXTと中国銀聯(ぎんれん)ユニオンペイ業務提携
・独自ブロックチェーン2か月以内に完成・移行のアナウンス

ノアは様々な発表を月に1度ペースで行っていましたが少し空き始めましたね。オープンデーターエクスチェンジはインターネットを使えない地域に使えるようにするプロジェクトの会社ですのでフィリピン貧困層などのサポートと合致している点は楽しみ。

独自ブロックチェーンが完成しますね。2ヶ月以内に交換しなければいけないという事でしょうがそれについてはまた正式なアナウンスがあるそうです。その時にまた記載します。

取引所がついにオープンという事でこれは楽しみです。しかもBTCNEXT取引所と2300万もの加盟店があるユニオンペイが業務提携をしました。取引所で投資をしている仮想通貨をユニオンペイで換金し各国の現金にATMで引き出せるという事ですからこれは良いかもしれません。ただ取引所の仮想通貨を換金しユニオンペイにチャージという工程がどれだけスムーズなのかによりますね。

ノアシティの完成は10年、20年かかると言われていますので現在鍵を握るのはこの取引所の成功でしょう。楽しみですね。

日本のドラマは半分シャレでしたがどうなったのでしょう(笑)

ノアプラチナムの評価や上昇予測!良い事ばかりは書きません

ノアファウンデーションのノアシティの建設があるのを知っていますでしょうか。ノアシティではそこにある店舗すべてでノアコインが使えることになっている町です。場所はマニラから少し離れたホライズンマニラの一部に建設予定。

未来的には日本でいう銀座や新宿などの町となることが予想されている。まだ建設予定なので建設がされていないが逆に言えば上場して建設されればまだまだノアコインが上がる可能性は大いに考えられます。

そこで使えるのがノアコインであれば少なくともフィリピン人にとっては必要、ほしい仮想通貨コインとなるでしょう。数百円代も嘘ではなくなるでしょう。

現在では予想段階であり上場先は増えたものの建築もされていないという状況ですのでなんとも言えませんが多くの人の期待値が高いコインであることは間違いないでしょう。

ノアが取引所をオープンさせるという話がありますがそうなるとノアシティ完成の前に上っていく事が予想されます。今一番安定しているコインは取引所のトークンですからノアが取引所のトークンであればそれも期待できる要因となりますね。

ネガティブな意見としてはアルトコインがたくさんある中でなぜノアコインなのかという問題が上げられるでしょう。確かにビットコインと比較すれば送金スピードでまさるノアコインに分があるでしょうがリップルなどのアルトコインと比較すればどうでしょう。リップルで良いのでは?という事になります。

また外国への出稼ぎ労働者の問題ではフィリピン国家自体がその送金手数料により逆に助けられているのが現状です。フィリピン国家の経済発展とノアコインの普及が必ずしも合致していないという事はちょっと考えなければいけませんね。ノアシティもフィリピンの国民性などを考えるとのんびりしている傾向にありますので建築がいつになるか・・などという不安も考えられます。

ただここまでのノアコインの戦略やプレゼンテーションを見ると何かを変える力はあるのではないかと多くの方が上昇を期待している事は確かでしょう。「詐欺?」、「結局建築は実現不可能?」など多くの噂は机上の空論でありますから誰もなんとも言えないというのが答えでしょう。

先の事はわかりませんが今の時点では話題性もあり私は上がる予知はあるように感じます。

その他ノアコインのブロックチェーン技術や目指すところ

ノアコインに関するその他の特筆すべきブロックチェーン情報としては以下のとおりです。
バージョン3.0のブロックチェーンを使ってエコシステムを構築すること。その理由として、他のブロックチェーンエコシステムと相互に乗り入れながら運用してヘルスケアに注力することを目指します。更に、金融とテレコミュニケーションにおけるバーティカル運用の実現に向けても注力を行うこと。
➋より安全なコミュニケーションプラットフォームに準拠したメッセージングを提供可能となるよう、仮想通貨メッセージエコシステムを構築することを目指します。

その理由-1)利用者間で仮想通貨の移転・保管を可能にすること
その理由-2)電話番号、Eメール、或いはその他のIDに頼らない形で個人情報を登録してプライバシーの保護に徹すること

❸シンガポールにおけるICO、香港におけるICO、その他地域における完全な子会社化によるICO等を介して凡そ10億ドルを調達すること

❹仮想通貨取引所の開設または買収においては、日本をはじめシンガポール、香港、インドネシア、中国のアジア諸国に北米、ロシア、ウクライナを加えた国を的にすること

以上の4点がノアコインに特筆すべき情報がピックアップされています。

ノアプラチナム ボーナス配当について(重要)

追記)ノアプラチナムになってからはBTCNEXTに送っているので管理画面に配当が無くなった旨のエラー出ているかと思います。皆さんそうなっているので心配はいらないようです。運営からの次の指示を待ちましょう。現在はBTCNEXTにノアコインを保有している状態。

 

ノアコインの配当は注意点があります。最初に購入した時の元本を1円でも使ってしまうと配当が受け取れなくなります。しかし配当分だけ使う事はOKです。

ノアコインの配当はいつから?

ノアコインの配当はプレセールやエアドロップ設定を行った時期によって異なりますが早い人で2019年3月12日から配当をもらっている人がいます。

★ノアコインの配当金%とはいくら?
計算で言うと10万円購入した人は5年で2倍の20万くらいですね。

1年後 2年後 3年後 4年後 5年後
配当割合 20% 17.2% 14.79% 12.72% 10.94%
元本10万 120,000 140,640 161,440 181,975 201,884

ノアコインの配当の更新をしないといけない!

説明があまりないので気付かない人が多いでしょうが毎年ノアコインエアドロップサイトに行って複利の申請をしなければいけません。勝手に増えていくわけではない。https://noahcoin.co/

ボーナスを受け取る(単利)

配当ボーナスだけを使って元本は置いて置く人。
保有している元本を使った場合、ボーナス権利が失われる。

ボーナスを運用する(複利)

配当ボーナスも複利に足してまた来年まで待つ人。配当ボーナス+元本を下回った時点でボーナス権利が失われる。

どちらかを指定して申請すると48時間以内に処理してくれます。確認メールも来るのでクリックするのを忘れずに。

引き出さなければ勝手に増えていくと思っていたがいちいち毎年申請をして複利を増やして行かなければいけないようです。利息分は数千円という人が多いでしょうから複利で申請した方が今は良いかもしれませんね。申請が遅れるとそれから1年ですので早めに申請を出しておいた方が良いですよ。

 

仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に飽きたらまず登録したい取引所です。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買が可能で初心者でも分かりやすい海外仮想通貨取引所です。 公式ページ