会社名 設立 資本金 仮想通貨交換業者
OpenLedger 不明 不明

仮想通貨取引所「OpenLedger(オープンレジャー)」の評価や評判や仮想通貨の取扱銘柄、手数料などを説明しています。

信 用 度 4.0
評 価 4.0
仮想通貨取引手数料 不明
銀行の入出金手数料 不明

OpenLedger取扱い銘柄・買える購入可能コイン!

仮想通貨案内人
OpenLedgerが扱っているコインは数十種類ありますが、同じ分散型取引所のEtherDeltaなどと比べると、劇的に少ないです(EtherDeltaは650種類以上のコインがあると言われていますが、主にイーサリアム系が多いです)。
主要銘柄コイン:

BTC(ビットコイン)、BTS(ビットシェアーズ)、ETH(イーサリアム)、EOS(イオス)、CNY(人民元)、USD(米ドル)、XEM(ネム)、STEEM(スチーム)、DASH(ダッシュ)、DOGE(ドージ)、XRP(リップル)など。

独自のコイン(トークン):

BTS(ビットシェアーズ)

OpenLedgerの評価や評判は?

仮想通貨案内人
分散型取引所で非中央集権タイプのOpenLedger(オープンレジャー)は母体が存在しないことから、手数料は比較的安価なのが売りと言えます。ただし、取り引き手数料の比率が異なるため、ものによっては高くついてしまうこともあるので、自分の保持しているBTSの管理はしっかりとしておいたほうが良いでしょう(取り引きの時はBTSが手数料として引かれます)
また、OpenLedgerでは生涯会員になればさらなるサービスを受けられます。基本会員は登録すれば誰でもなれるものなので特段変わりはありませんが、生涯会員になると死ぬまでず~っと取引手数料の80%がキャッシュバックされるという嬉しい特典が!さらに、アフィリエイトプログラムに参加でき、ユーザーが多くなればなるほどお金を貰えるという素晴らしい特典もついてきます(生涯会員になるには、1,456.76103 BTSを支払わなければいけません)。
そして、最大の特徴といえる「スマートコイン」は、1USD(1$)やJPY(1円)、金、株などと交換できるんです。等価値なので1$や1円などはそのままの価格で他者と交換可能です。いつでも交換できるのがとても良いですね。
肝心かなめのセキュリティーに関しては、通常の取引所の場合は取り引きが成立した場合は、資産を保管する必要があります。そのために取引所は日夜セキュリティーの強化を行い、ハッキング被害や内部不正などで資産を盗まれたりしないよう工夫をしています。しかし、この分散型取引所の場合はP2Pによって管理者が不在であり、資産の秘密鍵などの全てを自分が管理するので、そういったセキュリティーの強化をほとんど必要としません。取り引きの記録は全てブロックチェーン上に書き込まれているためめ、資産を失うこともなく、公正な取り引きを行うことができるので安心度はかなり高いです(ただし、自己管理をきちんとしないといけませんが)。
また、OpenLedgerの特徴としては、送金速度がべらぼうに速いところが挙げられます。Bitsharesのブロックチェーンを使用しているため、送金がわずか数秒で終わってしまうので、ストレスなくサクサク取り引きが可能になります。
OpenLedgerのデメリットを挙げるとしたら、取り扱っているコインの銘柄がまだまだ少なく流動性が低いこと。前述したEtherDeltaはイーサリアム系のトークンが多いとはいえ、650種類以上取り扱っているので動きも激しいですが、今のところOpenLedgerでは活発な動きがあまりないのが残念なところです。
仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に空きたらまず登録したい取引所で。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買と本当に仮想通貨を楽しみたい人向きです。 公式ページ