仮想通貨VIB(Viberate/ヴァイブレートの特徴は?

これから表舞台に出るアーティスト、ミュージシャンとイベンターの橋渡し的な役割をするために作られたと言ってもおかしくないのが、音楽コミュニティーとして話題になっているVIB(Viberate/ヴァイブレート)という仮想通貨。ブロックチェーンを利用することで、アーティストの様々な手助けをしてくれるのが特徴です。

■アーティストとイベンターを直接マッチングさせるため、仲介手数料がかからない。アーティストへ多く還元できます。
■ライヴチケットを販売できます(スマートコントラクトを利用し、その一部が手数料として徴収されます)。
■広告料を払うことで自己PRができるので、より多くの方々の目にとまる(イベンターの目にもとまりやすくなるのは間違いなし)。

など宣伝にも使いやすく、チケット販売もでき、アーティストの売り出しチャンスの場が広がります。売れたいアーティストにとってはとてもありがたいことかもしれませんね。

【仮想通貨VIB(Viberate/ヴァイブレート)情報】
■公開日:2017年7月18日
■通貨単位:VIB(Viberate)
■発行上限:200,000,000VIB(2憶)

仮想通貨VIB(Viberate/ヴァイブレート)取引所

ここでVIBが買えます!(一部を紹介します)。

VIB(Viberate/ヴァイブレート)が買える取引所
Binance(バイナンス)
Bittrex(ビットトレックス)
OKEx(オーケーイーエックス)

めちゃくちゃ取引料が安いBinanceで購入できるというのは、とてもありがたいですね。また、他の取引所もかなりの大手が取り扱っています。

仮想通貨VIB(Viberate/ヴァイブレートの評価・将来性は?

ここでは、VIBの評価、そして将来的にはどうなっていくのか?ということを検証してみます。少しでも参考になれば嬉しいかぎりです。

まずは、VIBのほうで音楽データベースを完璧に、VIBという名前を聞いただけで、音楽のプラットフォームということが分かるくらいになるのが条件ではないかと思います。また、特定の音楽ジャンルだけでなく、幅広く網羅しなければなかなか成功するのは難しいかもしれません。

最近の音楽業界は、ユーザーがCDを購入することもかなり少なくなり、ストリーミングなどで音源を入手することが多くなっています。現在CDの売れ行きは悪くなっていく一方ですが、その分ライヴチケットは高額になっても売れているようです。
VIBで音楽も聴いてもらえて、宣伝もできる。そして、ライヴチケットやグッズの販売もできるので、現代の音楽好きのニーズとアーティストの意向がマッチングしたウィンウィンの状況を作るにはとても良い仮想通貨だと考えられます。また、音楽業界からも注目されていることから、将来性は高いのではないかと個人的には思っています。

仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に飽きたらまず登録したい取引所です。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買が可能で初心者でも分かりやすい海外仮想通貨取引所です。 公式ページ