東南アジア圏でかなり需要が高いOmiseGo(オミセゴー)について、どこの取引所で買えるのか?評価、評判、これからの将来性などについて、分かりやすく解説します。

 

OmiseGO(オミセゴー)とは?

 

東南アジア圏で爆発的人気を誇るオンライン決済システム「Omise」。そこで使用される仮想通貨がOmiseGO(オミセゴー)トークンです。Ethereumのブロックチェーンで管理をしている「決済に特化」した仮想通貨で、銀行口座を持たなくともモバイル端末から送金できたり、実店舗でオミセゴーを使って支払いをすることもできるのがとても好評です。

タイでは裕福な方でないと、なかなか銀行口座を持つことやクレジットカードを作ることができません。それに、金融機関やクレカなどで支払いをすると手数料が高くついたり、決済に時間がかかるなどのマイナス要因もあります。そこで、口座はなくともスマホの普及率が高いタイでは、モバイル端末だけで決済ができるOmiseGOが爆発的な人気を得るようになったようです。
※OmiseGOは日本人起業家の長谷川潤氏が2013年にタイで創設した「Omise」が発祥で、現在も日本を始めインドネシアやシンガポールなど、東南アジア一帯に拡大中です。

★公開日:2017年6月23日 ★通貨単位:OMG ★発行上限枚数:140,245,398枚

 

OmiseGO(オミセゴー)はどこで買える?

 

OmiseGO購入可能取引所!
Bittrex(ビットトレックス/ビットレックス)
Bitfinex(ビットフィネックス)
Poloniex(ポロニエックス)

 

OmiseGO(オミセゴー)の特長

 

➀決済に特化している

OmiseGOはブロックチェーンで全ての決済サービスを管理し、自国や他国に関係なく法定通貨やOMGを自由に使えるサービスを展開しています。そして、金融機関などを介さないので手数料もかからず、素早いスピードで決済できるのが便利。口座を作れない方でもスマホがあれば簡単にやり取りできるのが好評です。

 

➁独自ウォレット「SDK」

OmiseGO独自のウォレット「SDK」を活用することにより、ネットワークによって法定通貨と同様に取り引きができるのが良い。他国に行ってもスマホさえあれば、どこででも決済ができるのが大好評のようです。

 

 

OmiseGO(オミセゴー)の評価・評判、将来性は?

 

最近ポロニエックスに上場したということもあり、話題性に事欠かないOmiseGO。時価総額も1,000億円近くまで跳ね上がるほどの人気があります(仮想通貨ランキング20位前後)。また、タイの金融庁でOmiseGOが採用されたこともあり、信頼性はうなぎのぼりに上がっています。
さらに、イーサリアムの開発者「Vitalik Buterin氏」が携わっていることや「三井住友グループ」「SBI」など大手企業が出資していることを踏まえると、将来性は非常に高いものがあると考えられます。これからが楽しみになOmiseGOです!

取引所比較
仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に空きたらまず登録したい取引所で。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買と本当に仮想通貨を楽しみたい人向きです。 公式ページ