数ある仮想通貨の中で、これからが期待されているアルトコインのNEM(ネム・XEM)について分かりやすく説明します。

 

NEM(ネム)とは?

 

「ニュー・エコノミー・ムーヴメント」(新しい経済運動)というプロジェクトのもとに作られた仮想通貨「NEM」(ネム)。その中で使われる単位を「XEM」(ゼム)と呼んでいます。2015年の3月に誕生しているのでまだまだ新しい通貨ですが、多くの人がネムに注目しており日本の市場でもかなり広まってきています。
総発行量は8,999,999,999ゼムでビットコインを始めとする多くのコインと違ってマイニング(採掘)がなく、新規の発行が無いのが特徴と言えます(ネムではくハーベスティング(収穫)と呼びます)。ネムは後発的にできた仮想通貨なのでビットコインの弱点をカバーし、グレードアップしたような感じです。

 

NEM(ネム)のここが凄い!

 

ブロック生成間隔が約1分という驚異的なスピード。ビットコインは取引量が多くなってしまったことで時間が10分近くかかってしまっていますが、それを約1/10のスピードで処理できるのでかなり時間短縮できます。

➁お金持ちがどんどんお金持ちになるような体制ではなく、皆がある程度平等にお金を稼ぐことができるようなシステムになっているNEM。金銭的な「自由」「分散化」「平等」及び連帯感の原則に基いて作られた仮想通貨なので、我々一般庶民からも人気があります。

➂NEM(ネム)が使っているシステムPOIはビットコインやイーサリアムと違い、電力を大量消費せずに強固なセキュリティーシステムを創り上げているのでかなり安全と言えます。また、NEMネットワークを積極的に活用した人に利益が行き渡るようになっており、富の一極集中化を防いだり、できるだけ公平になっているのも特長です。ようはネムに一生懸命貢献してくれた人に還元してくれるような感じです。

 

 

NEM(ネム)のハーベスティングとは?

 

前述したようにNEMは財力に偏らず、積極的にNEMを使った貢献度で計算されるのがとても高評価を得ています。NEMは既に発行上限枚数(90億枚)を超えてしまっているので、厳密にいうマイニング(採掘)はなく、NEMではそれに代わる報酬として「ハーベスティング」という“収穫”のようなシステムを使っています。POIを採用しているNEMのネットワークに参加しているのであれば、誰でもハーベスト報酬を得るチャンスがあるんです!
NEMの取引承認は1分に1回あり、保有者のどなたかにランダムで与えられます。ただし、ここで肝心なのは先ほども申し上げたNEM(ネム)への貢献度が重要で、NEMを多く活用している人のほうが当選確立が高くなっているのは言うまでもありません。
※ハーベストに参加するためには「10,000ゼムを保有」「毎日保有していくNEMの10%が加算されていくスコア(Vested Balance)が10,000ゼム以上」という条件があります。

有力なおすすめ仮想通貨取引所!

取 引 所 詳 細
bitflyer bitflyer   日本で最大の信用力がある会社。 セキュリティも世界一でないかと言われているぐらいの取引所です。抑えておく必須取引所です。
詳細を見る
GMOコイン 有名上場会社GMOの仮想通貨取引所。当サイトもそうですが需要がかなり多いです。GMOはネット系の会社ですのでセキュリティ的にも評価が高いのではないでしょうか。
詳細を見る
zaif コインの種類が多数あり穴場のコインを探すならこのサイトです。最近何かと騒がれていますが何より知名度が高いので取り敢えずの安心感はあります。
詳細を見る