仮想通貨BTT(BitTorrent/ビットトレント)の特徴

P2P(ピアツーピア)の元祖であるBitTorrentプロトコルは、「月間のユーザー数1憶人超え」「138ヵ国で利用され、インターネットトラフィックのトータルが22%」(送受信の情報量)など、驚異的なシェアを誇っているのが特徴。また、2019年1月に行われたBTTのトークンセールではたったの15分ほどで完売したのは記憶に新しいのではないでしょうか?※BitTorrent社は2018年にトロン(TRX)に買収されています。
BitTorrentにはマイニングが無いことから、大量の取引情報を超高速で処理できるので、ユーザーのストレスが少なくなることは間違いありません。また、元々はBitTorrentの共有ネットへアップロードしても、特に報酬がもらえることはありませんでしたが、トロンの技術を使うことでアップロードしたユーザーへBTTを報酬にすることで人気を博しています。
BitTorrentではシード(Seed)と呼ばれるコンピューターからデータをダウンロードします。ここまでは普通のダウンロード方法と変わりありませんが、BitTorrentはSeedからのダウンロードをする際、同様のデータをダウンロードしている方と持っていないデータの断片を複数人からダウンロードし、さらにはアップロードも同時に行うという器用な仕組みが備えられています。これにより今までのダウンロード方式より、さらに速いスピードでダウンロードすることができるようになっています。
※P2Pとはデータを効率良くダウンロードしたり、ファイルを共有するためのプロトコルで、ブロックチェーンの基礎(BitTorrentプロトコル自体はオープンソース)。

■公開日:2019年1月28日
■開発:TRON(BitTorrent)
■プラットフォーム:TRONネットワーク(TRC-10)
■発行上限:990,000,000,000BTT(9,900憶)

仮想通貨BTT(BitTorrent/ビットトレント)が買える取引所

こちらではBitTorrentが買える取引所を一部記載します。

BTT(BitTorrent/ビットトレント)が買える取引所
Binance(バイナンス)
Upbit(アップビット)
OKEx(オーケーイーエックス)
CoinTiger(コインタイガー)

やはりBinanceは安く購入できるということから人気が高いですね。

仮想通貨BTT(BitTorrent/ビットトレント)の評価、将来性は?

ICOの時点で既に1憶人以上のユーザーがいること自体が稀ということもあるため、非常に関心が高くなっています。また、上記したBinanceをICOプラットフォームとしているのもかなりの強みと言っていいでしょう。
アップロードをすることでBTTのインセンティブが貰えるので、BitTorrentのネットワークが今までよりさらに使われることになると考えられます。個人的にはTRONとBitTorrentの融合で、さらなる飛躍が見られるのでは?と思っています。

仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に飽きたらまず登録したい取引所です。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買が可能で初心者でも分かりやすい海外仮想通貨取引所です。 公式ページ