会社名 設立 資本金 仮想通貨交換業者
CoinExchange 2016年 不明

仮想通貨取引所「CoinExchange」の評価や評判や仮想通貨の取扱銘柄、手数料などを説明しています。

信 用 度 3.0
評 価 2.5
仮想通貨取引手数料 0.15%
銀行の入出金手数料 不明

CoinExchange取扱い銘柄・買える購入可能コイン!

仮想通貨案内人
CoinExchangeは600種類以上のコインを取り扱っています。海外の取引所でもここまでの種類を扱っているところはそうはありません。草コインやマイナーなコインで夢を楽しむにはもってこいだと思いますよ!
主要銘柄コイン:

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、イオス(EOS)、ドージコイン(DOGE)、イーサリアムクラシック(ETC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ダッシュ(DASH)、ジーキャッシュ(ZEC)、クアンタム(QTUM)他多数。

CoinExchangeの評価や評判は?

仮想通貨案内人

CoinExchangeで最も優れたところは、上記したアルトコインの取扱数に尽きます。あの大手のBittrexでも200以上、Binanceも120ほどなので、取り扱いコインの種類の多さは半端ないです。日本国内の取引所がいかに少ないかが分かります(日本は安全な確実性の高いものを取り扱っているので信用できますが)。ただ、多くのコインを扱っているからと言って、それが全て値上がりする訳もなく消滅してしまうようなものもあるので、草コインを買う時は注意が必要です。

コインを購入する際に重要な取引手数料ですが、こちらは0.15%になっているので比較的安く取り引きができるので、トレードするには最適です。草コインを買う時に手数料が高くなってしまい「手数料貧乏」という言葉もあるくらいですから、余計な手数料は安いに越したことはありません。

また、登録が面倒くさい日本の取引所と違って、CoinExchangeも登録が簡単。日本語対応していませんが、今まで他の取引所で経験のある方なら、口座開設やアカウント作成など速攻でできるほどなのもメリットと言えます。

ちょっとデメリットを挙げてみますと、同じ読み方の国内取引所「QUOINEX」がありますよね。扱っているコインの数は圧倒的にCoinExchangeが多いですが、どちらが信頼性が高いと言えば間違いなくQUOINEXです。実際、CoinExchangeは「イギリスにある」だ「アメリカが所在地」だなど、運営会社がどこにあるのかすらはっきりしていないのが難点です。取り引きを行なう場合には、やっぱり所在地や資本金などが分かっているほうが安心です。また、扱っているコインはべらぼうに多いのですが、取引高が少ないのが残念。

CoinExchange公式ページ

仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に空きたらまず登録したい取引所で。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買と本当に仮想通貨を楽しみたい人向きです。 公式ページ