仮想通貨ランキングの上位に入っているモネロ(Monero)について、どこで買えるのか?特長などについて、分かりやすく解説します。

 

モネロ(Monero/XMR)とは?

 

2014年4月に誕生したモネロ(Monero/XMR)は、時価総額で常に8位くらいをキープしている人気の仮想通貨。発行上限枚数は1,840万枚ですが、上限は無いと言われています。通貨単位は「1XMR」。Bytecoin(バイトコイン)を基に作られた仮想通貨のモネロ(Monero)は、取り引き履歴を特定するのが難しくなっており、その匿名性が非常に高く評価されています。一方、その匿名性の高さからマネーロンダリングなどの犯罪行為に使われる危険性を持ち合わせています。

 

モネロ(Monero/XMR)の特長

 

➀とにかく匿名性が高い

複数人の署名が必要な「リング署名」という技術を使っているので、送金者を特定できないようにしています。また、取り引きの際に1度きりしか使えない「ワンタイムアドレス」を自動生成することにより、相手のアドレスがその都度変わるようにしています。
マイナス要因として匿名性が高く取引履歴が残らないため、保有していたとしてもそれを証明する手段がないのがデメリットと言えます。

➁マイニングが簡単

ビットコインのマイニング専用のASICコンピューターなどを使わずに、普段使いのコンピューターからマイニングができます。資金力のある業者だけがマイニングするのではなく、一般人もできるように分散しています。

➂取引承認時間が約2分と高速

ブロックサイズの制限がないことから、取引量が多くなればブロックサイズを増やして対応し、高速化をはかることができます。

 

 

モネロ(Monero/XMR)はどこで買える?

 

現在国内の取引所で購入できるところはありません。以前はコインチェックでモネロを購入することができましたが、現在コインチェックは新規ユーザーの口座開設などを制限しているため購入できません。どうしても購入したい場合は、世界最大級の取引所「ビットトレックス」を始め、「ヒットビーティーシー」や「ポロニエックス」「クラーケン」などの取引所で購入することができます。
万が一の盗難や倒産などのリスクを考えると、国内最大手のビットフライヤーやZaifなどで口座を開設して取り引きをするのが安全かと思われます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で