アメリカでかなり人気が高いファクトム(Factom/FCT)は、どこで買えるのか?取引所やファクトムの特長などについて、分かりやすく解説します。

 

ファクトム(Factom)とは?

 

テキサスにある「Factom.Ink」が提供しているプラットフォーム(2015年に公開)。データの改ざんが不可能なブロックチェーン技術に着目し、ネット上のあらゆる電子データを管理できるプラットフォームとして活用されており、情報漏えいのリスクが低いというのが企業などに喜ばれています(※Factomは厳密に言えば仮想通貨ではなく「ビットコイン2.0」の一つです)。
そして、Factomはビットコインのブロックチェーンを利用しているのが特徴で、それによりさまざまな情報を安全に管理することができるのです。ビットコインやその他のアルトコインのように日常生活で買い物に使ったりするのではなく、情報を安全に低コストで管理することを目的としているイメージなので、仮想通貨とはちょっとニュアンスが異なります。

ファクトムを利用するためには「Factoid(ファクトイド)」と呼ばれる仮想通貨が必要で(略号は「FCT」)、発行上限は設定されていません(現在8,753,219FCTが流通しています)。Factoidは取引所で購入することもできますし、マイニング報酬としても入手できます。

 

ファクトム(Factom)の特長

 

様々な分野のデータを低コストで安全に

情報がダダ漏れになってしまう危険性をはらんでいるこの時代ですが、分散型ブロックチェーン技術を駆使しているので、情報の漏洩はほぼないと言われています。しかも通常だと莫大なコストがかかるのに、低コストで安全に守ってもらえるのはメリットと言えるでしょう。

ハッキングリスクが低い

Factomでは「Entry Credit」を使っており、他の公開鍵に送信もできませんし、記録入力くらいしかできません。ですので、これをハッカーが盗んでもメリットが全くと言っていいほどないんです。あまり価値がないものを盗んでも無駄な労力がかかるだけですからね。

 

ファクトム(Factom)の将来性は?

 

ビル&メリンダ・ゲイツ財団からの5,000万ドルもの資金援助を受けているのが将来性が高いと言えるでしょう。また、何百兆円規模と言われるアメリカの住宅ローン市場を管理計画を始動しているのを見ると、伸びる要素は充分にあると思われます。ただし、よく言われているのが「開発が遅い」というのが難点でしょう。長期的な視点で塩漬けにしておくのが良いかもしれません。

 

 

ファクトム(Factom)はどこで買える?

 

以前はコインチェックでファクトムを扱っていましたが、ネムの流出事件により現在は取り扱っていません。どうしてもファクトムを購入したい場合は以下の取引所で購入してください。

「Bittrex」(ビットトレックス)👉アメリカ最大の取引所で、扱っているアルトコインはなんと120種類以上。
「Poloniex」(ポロニエックス)👉こちらも大手で、60種類以上のアルトコインを扱っています。
「Cryptopia」(クリプトピア)👉取引手数料が安いと評判のニュージーランドにある取引所。

取引手数料・入出金無料!仮想通貨のレバレッジ取引が可能! DMM Bitcoin