リップルは急上昇している仮想通貨のひとつです。私のまわりの起業家も勧めているコインです。2018年一番注目されているコインではないでしょうか。

何がそんなに人気の理由なのでしょう。2017年の12月12日から急に値上がりを示している。それは外国への送金をリップルのシステムを使いSBIが主軸で三井住友とりそな銀行が2018年から国際送金を導入したという経緯からだと思います。

この送金方法は「内外為替一元化コンソーシアム」と言います。

この内外為替一元化コンソーシアムは一瞬で国内はもちろん海外へも一瞬で送金できるシステムで送金する手数料もかなり少なく削減できます。しかも365日いつでもです。

今までは履歴の確認や送金手数料の関係、人件費などの問題がありましたがこれがすべてクリアになる事になります。

日本ではまだ導入している銀行はなく初めての事です。

その最初の相手国が韓国で韓国はリップルコインが人気が高いということから今回の値上がりを示しているようです。

リップルコインは何処の取引所が扱っているの?

リップルコインの取引所手数料を比較すると・・

 

ビットバンク 取引手数料キャンペーン期間によって無料

GMOコイン 取引手数料無料

ビットトレード(Bittrade)取引手数料 0.25〜0.45%

DMM 取引手数料無料

VCTRAD(SBI) 取引手数料条件によって無料

コインチェック  取引手数料無料

結構手数料無料なところが多いですね。取引する上では一番大きいのが取引手数料ですからビットトレードは避けたいですよね。

特に仮想通貨の種類が多いという以外の特徴もなさそうですしそれならコインチェックの方が豊富です。DMMはレバレッジの取引専用ですから興味がある人がどうぞという感じです。

SBIはリップル自体に出資しているのでSBIのVCTRADも優遇される面があり気になりますが現在は特に特徴がないので決めるとしたらGMOです。

コインチェック他のアルトコインも一番豊富で2018年1月には80億でリップルを仕入れたこともあっておすすめと言いたいところですが今は謎の不正アクセスでやばい状態です。やめておきましょう。

日本の上場会社ですしGMOは取引所としては一番安定感があるという感じです。GMOコインはフェスブックのアカントですぐに登録ができて後は免許証などの身分証明と携帯電話ですぐに取引ができます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で