今までのビットコインのプロセス・フローは送金を行うたびに、まず最初にトランザクションを作成します。作成された後、直ちにノード検証が実行されて問題がなければブロックに追加されます。追加されたブロックはブロックチェーンに追加承認を受けるという一連のプロセスフローを辿ります。

このフローを一歩前に進めて効率性の高いプロセスロジックがライトニングネットワークなのです。このライトニングネットワークがネットワーク内にインプリメントされますと、peer to peerの関係内において一旦、チャネルが創出されます。これらチャネルの間での送金はブロックチェーンではなく、オフチェーン形態で実行されることになります。ということは、わざわざブロックチェーン内に書き込む必要はないということになります。これは一歩前身したテクノロジーといえます。これは以下のような効果をもたらすことになります。

効果その1:送金は即時に実行される

効果その2:送金にかかる手数料が大幅に減少されて廉価に送金可能となります

効果その3:問題視されているブロックチェーンにおけるスケーラビリティ問題が以前にもまして軽減される恩恵がでてきそう

ライトニングネットワークはこうした効果が期待できることが十分考えられます。

ライトニングネットワークはどんな仕組みなのか?】

先述しましたオフチェーン形態でトランザクションは処理されると記述しましたが、一体全体、具体的にはどこでどんな形相で記録を実行しているのかという疑問が湧いてきます。答えは簡単明瞭です。記録はpeer to peer関係で創出されたチャネル内に「ステータス」という形態で記録されて保管されます。要は、ステータスというのは状態という意味を表しています。はじめにpeer to peer関係で創出されたチャネルをオープンします。オープンされたチャネル間でハッシュ関数に書き込むバリューによってチャネル間での遣り取りが実行されます。実行されるたびに、書き込まれたバリューは前のバリューは消滅して新たにバリューが形成されます。こうして常に最新のステータスになっています。つまり、最新状態のステータスが記録されていることから、ライトニングネットワークにおいてはオフチェーンでの遣り取りができるのです。では、なぜこのようなことが可能なのかを掻い摘んで述べてみます。

【ライトニングネットワークにおける技術的前提条件】

若干、難解かもしれませんが、「トランザクションはある条件が満たされない限り、送金はできない」という条件があります、つまりは、この条件が満たされて始めて、送金される運びとなります。これはまさしくタイムロックというテクノロジーなのです。タイムロックライトニングネットワーク実現可能な技術的ベースを構成しているのです。しかも、条件には2種類で構成されています。2種類の条件とは①アブソリュートな時間、ブロック高、②アブソリュートな条件ではなく、リラティブな条件の2つが存在します。①の例としては、「2,018年8月31日16時までロックする」という例があります。これに対して、②の例としては、「これから向こう3週間後までロックする」等があります。これらのようにいずれにせよ、タイムロックが極めて重要な役目をライトニングネットワークにおいては果たしています。

仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に空きたらまず登録したい取引所で。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買と本当に仮想通貨を楽しみたい人向きです。 公式ページ