ブロックチェーンと分散型データベースとの違いは何なのかという点ですが、一番の違いはデータ履歴の保有するロジックにあります。

分散型データ管理・・・取引履歴の保有は積み重ねること。履歴は積み重ね方式になっているため、簡単に参照することができます。

分散データベース・・・現時点における結果を保有する。履歴をチェックしたいということであれば、過去のログを辿る必要があります。これは改ざんに関しては致命的な欠陥となっています。辿るには時間を要するし、気がつくの遅延してしまうのです。気づいた時には後の祭りとなってしまいます。

分散型データ管理では、例え改ざんしようとすればすぐにバレてしまいます。というのも現在値の改ざんを行いますと、直ちにブロック内のハッシュ値が即変わることから、半永久的に改ざんを続けていく必要が出てきます。ところが、ブロックチェーンにはダウンタイムがありません。実に堅牢なネットワークになっていますので、改ざんは不可能といえます。要は、ブロックチェーンはコスト面でとても廉価であるシステムとなっています。

ブロックチェーン自身が台帳!

では、なぜ分散型のデータ管理が必要かを述べてみます。

①パフォーマンスレスポンスを上げるためのは、データを活用するロケーションの近隣にサーバーを設置すること

データの消滅に対するリスクを軽減させるためには、データを数箇所に分散させて、かつ同期を必ず保持すること

データ処理を複数個のコンピュータに分散させて、負荷を軽減させてパフォーマンスを上げること

取引所比較
仮想通貨広告
おすすめ度:★★★★★ 日本の取引所で安く取引を行おうと思ったら結局たどり着くのがbitbank。売買手数料無料、スプレッドなしで売買可能。セキュリティも高い!今一番人気がある仮想通貨取引所です。 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に空きたらまず登録したい取引所で。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。多くのアルトコインの売買と本当に仮想通貨を楽しみたい人向きです。 公式ページ