Microsoftと提携し、大手取引所に上場している凄まじく勢いがあるストラティス(Stratis/STRAT)について、特長や購入できる取引所、将来性などについて分かりやすく解説します!

 

ストラティス(Stratis/STRAT)とはどんなもの?

 

2016年8月に公開された通貨なので、まだまだ新しいものです(まぁ、殆どここ数年以内のものが多いので当然ですが)。時価総額約674億円。通貨単位はSTRAT。発行上限は9,800万STRATです。現在時価総額はだいたい10位前後と好調で、特に欧米では人気が高まってきています。
誕生後にポロニエックスに上場し、次いでビットトレックスにも上場。その後Microsoftと提携し主要プロジェクトの一つとなっているほどで、その勢いはとどまるところを知りません。ここだけ取り上げてもかなり信用ができ、かつ将来性が期待できる仮想通貨に思えます。
また、ストラティスはブロックチェーンの構築をC#言語でプログラミングすることにより、ブロックチェーンを広めています。世界中に数千万人いると言われているC#言語を扱うプログラマーを取り込むことで、発展を目指しているようです。

 

ストラティス(Stratis/STRAT)はどこで買える?

 

現在、ストラティスを国内で購入できる取引所は、残念ながらありません。海外で最大規模のビットトレックスポロニエックスなど、多くの取引所で買うことができますよ。

ストラティス購入取引所一覧!
Bittrex(ビットトレックス/ビットレックス)
Poloniex(ポロニエックス)

 

ストラティス(Stratis/STRAT)の特長は?

 

➀技術者不足を補う

ブロックチェーン技術の発展は目覚ましいものがありますが、いかんせん技術者の数が追いつきません。そこで目をつけたのが世界中のプログラマーが精通しているC#言語のエキスパートを使い、企業がブロックチェーンを導入しやすくなるプラットフォームを提供しています。

➁匿名性が高い

「TumbleBit」(タンブルビット)という技術を使うことで、匿名性を保つことができます。取引の際に「タンブラー」(仲介者)を介することでエスクローにプール。支払いもコインのミキシングも仲介者が全て行い、受け取る側に一括で送ることで匿名性を保つことができるシステムです。
※「エスクロー」とは売買する方の間に入り、保証を介するサービスです。
※「ミキシング」とは、ミックスして誰が誰のコインかを全く分からなくする方法です。

 

ストラティス(Stratis/STRAT)の評価や将来性はどう?

 

Microsoft社と提携しているということもあり、世界中の企業から注目を集めていることも併せて考えると将来性は非常に高いと思います。ただ、企業向けのサービスを行っていることもあり、まずは多くの企業で利用してもらう必要があるので、そこをクリアーすれば利用価値がさらに高まることは間違いありません。

 

 

 

おすすめ度:★★★★★ 日本で一番知名度の高い仮想通貨の取引所。大手金融機関が出資しているので倒産の危険なし。セキュリティが強い。保険があるのでコインが無くなっても保障がある! 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に空きたらまず登録したい取引所で。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。本当に仮想通貨を楽しみたい人向きです。 公式ページ

国内有力なおすすめ仮想通貨取引所!

取 引 所 詳 細
bitflyer bitflyer 日本で最大の信用力がある会社。 セキュリティも世界一でないかと言われているぐらいの取引所です。抑えておく必須取引所です。
詳細を見る
GMOコイン 大手金融機関が出資。当サイトもそうですが需要がかなり多いです。GMOはネット系の会社ですのでセキュリティ的にも評価が高いのではないでしょうか。
詳細を見る
zaif コインの種類が多数あり穴場のコインを探すならこのサイトです。最近何かと騒がれていますが何より知名度が高いので取り敢えずの安心感はあります。
詳細を見る