ウェーブス(Waves/WAVES)について、特長や将来性、どこで買えるのかを分かりやすく解説します!

 

ウェーブス(Waves/WAVES)とは?

 

2014年4月に公開された分散型のオープンな金融取引プラットフォーム。画期的?なCAT(カスタム・アプリケーション・トークン)と呼ばれる機能により、Wavesプラットフォームのブロックチェーン上に、独自(オリジナル)の仮想通貨を発行することができるのです!Wavesは「誰でも独自の暗号トークンを作れること」を目指しており、初めての方でも分かりやすく使いやすく設計されています。
また、独自のトークンを作って、それにどんな機能でも追加することができるため、「匿名性が高いもの」「分散型」「メッセージ機能」などなど、いかようにでもカスタマイズできると理論上言われているので、オリジナルで特殊なトークンを作れるかもしれませんね。
通貨単位はWAVES。上限枚数は1億WAVES。

 

ウェーブス(Waves/WAVES)はどこで買える?

 

現在、ウェーブスを購入できる国内取引所はありません。海外のBittrex(ビットトレックス)をはじめ、Liqui(リクイ)、HitBTC(ヒットビーティーシー)などの、超有名な取引所で購入することができます。購入方法はWAVESのサイトから直接購入することもできますし、国内の取引所で口座を開設しBTC建てなどで購入することもできます。

ウェーブス購入取引所一覧!
Bittrex(ビットトレックス/ビットレックス)
Liqui(リクイ)
HitBTC(ヒットビーティーシー)

 

ウェーブス(Waves/WAVES)の特長は?

 

➀独自のトークンを作成

前述したように「CAT(カスタム・アプリケーション・トークン)」で独自のトークンを作れるので、非常に面白みがあります。また、こちらのプラットフォームでは法定通貨とも交換できるし、ブロックチェーンを使用しているため、安全性も高いと言われています。

➁使いやすいウォレット

ウェーブスでは「ライトウォレット」と呼ばれるものを採用していおり、ダウンロードしないでブロックチェーンに接続できるんです。通常のウォレットは慣れていないと操作が難しいので初心者には不向きですが、ライトウォレットは分かりやすく改良されており、初めての方でも簡単に操作ができるようになっています。

 

 

ウェーブス(Waves/WAVES)の評価・将来性はどう?

 

先に挙げました「独自トークンを発行できる能力」「使いやすいウォレット」、それに加えて分散型取引所機能(DEX)などの、魅力的な機能を多く揃えています。現在価格も高騰しているので、将来性が期待できる仮想通貨の一つと言えるのではないでしょうか?

 

おすすめ度:★★★★★ 日本で一番知名度の高い仮想通貨の取引所。大手金融機関が出資しているので倒産の危険なし。セキュリティが強い。保険があるのでコインが無くなっても保障がある! 公式ページ おすすめ度★★★★★ 国内に空きたらまず登録したい取引所で。外国の取引所知名度No.1。世界で一番の利用者数。手数料が驚くほど安い。本当に仮想通貨を楽しみたい人向きです。 公式ページ

国内有力なおすすめ仮想通貨取引所!

取 引 所 詳 細
bitflyer bitflyer 日本で最大の信用力がある会社。 セキュリティも世界一でないかと言われているぐらいの取引所です。抑えておく必須取引所です。
詳細を見る
GMOコイン 大手金融機関が出資。当サイトもそうですが需要がかなり多いです。GMOはネット系の会社ですのでセキュリティ的にも評価が高いのではないでしょうか。
詳細を見る
zaif コインの種類が多数あり穴場のコインを探すならこのサイトです。最近何かと騒がれていますが何より知名度が高いので取り敢えずの安心感はあります。
詳細を見る